無料相談はこちら

リスティング広告なら少額予算でも成果が出せる。相性の良い代理店を探そう

この記事をシェアする

Web広告に興味を持ちつつも、予算が限られていて、どのように始めればよいか迷っている企業担当者の方へ。
リスティング広告は少額から始められ、ターゲット層にアプローチしやすい点が魅力です。ただし限られた予算で成果を期待するには、入札のポイントを押さえて適確な運用を行うことが必須。効果的な運用は、やはりノウハウを持つプロの代理店に任せるのが安心です。
この記事では、リスティング広告の概要と一般的な費用感をまとめました。後半では少額でも運用代行を任せられる代理店の探し方についてもご紹介します。

リスティング広告=GoogleやYahoo!の検索結果に表示される広告

リスティング広告とは

ユーザーが検索エンジンで検索した時、キーワードに応じて表示されるテキスト形式のWeb広告のこと。画面の上下、自然検索結果を挟むようにリスティング広告エリアが設けられていて、ユーザーの視界に入りやすいようになっています。
「検索連動型広告」とも呼ばれ、広告が掲載されるかどうかはオークション形式で決まります。

自然検索におけるSEOとの違い

最も大きな違いは、目に留まりやすい位置に掲載させるためのコントロールの度合いです。
Webページが検索結果で上位表示されるためには、検索エンジン(Google・Yahoo!)に評価されるためのSEO(検索エンジン最適化)が有効な手段とされています。
ですが、検索エンジンのアルゴリズムの具体的な内容は公開されていないため、絶対的な正解は分かりません。SEOが「手間と時間がかかる施策」といわれるのはそのためです。
一方、リスティング広告は準備さえ整えばすぐに配信できます。しかも自然検索と違い、表示するタイトルや説明分は自社で設定したものが表示されるため、対象顧客へ間違いのない訴求が可能です。

他のWeb広告とどう違う?

リスティング広告は「コンバージョンに繋がりやすい広告」といわれています。それは特定の検索ワードに応じて広告が表示されるため、ニーズが明確な顕在ユーザーに絞ってアプローチできるから。
また、バナー広告や動画広告のようにクリエイティブを準備する必要がないため、短期間で出稿できる点でも手軽さがあります。
ただしピンポイントな訴求性を持つ反面、幅広い認知を目的とする場合にはやや弱い広告ですので留意が必要です。

少額でも出稿可能。配信の開始・停止も簡単

リスティング広告は、広告が表示されただけでは費用がかからず、ユーザーのクリックごとに費用が発生する「クリック課金制」です。オークション費用の上限も自由に設定可能なので、少額でも始められる点が魅力。
また広告配信の開始・停止をリアルタイムで操作でき、内容変更も簡単。成果を確認しながら改善策を実行できます。

リスティング広告にかかる費用は?

広告準備・出稿のための費用

広告費
掲載先の媒体(広告媒体)へ支払うことになる出稿費用です。予算の程度は企業によりますが、大きれば大きいほど多くの出稿が可能になりますし、いろいろな方策を試して成果に繋げていくことができます。

ランディングページやWebサイトの制作費(未制作の場合)
リスティング広告のリンク先となるランディングページ(LP)やWebサイトを制作するための費用です。すでに準備がある場合は不要ですが、制作会社や代理店に制作を任せる場合、この予算も押さえておきましょう。

代理店に運用を任せるなら手数料などの費用も

運用手数料
広告代理店に運用作業の対価として月々に支払う費用です。
料金体系は代理店によってさまざまですが、現在の主流は、広告費に対して決まった割合を支払う「定率型」。他に、毎月決まった額を支払う「固定型」、あらかじめ取り決めた成果に応じて支払う「成果報酬型」があります。

初期費用
代理店によっては、運用開始前の「初期費用」が必要になる場合があります。月々の運用手数料とは異なり、アカウント開設やキーワード選定、配信の設定など初期設定のための費用です。

リスティング広告の広告費用の相場

リスティング広告自体は1,000円から出稿が可能で、その手軽さが魅力でもあります。しかし実際、「代理店に運用を委託して成果を作りたい」という場合、広告主はどの程度の予算をかけているのでしょう?
アドフープでは、これまで多くの広告主と代理店のマッチングをお手伝いしてきました。その視点からお伝えすると、多くの広告主が月々の広告費を100万円以上で設定しています。これは、それなりの規模の予算で配信することにより、媒体側の機械学習が蓄積されて効率的な運用に繋がりやすいからと考えられます。
もちろん業種や企業規模、目標数値によって予算はそれぞれですが、成果を作るためには月々30万円以上の予算を準備することをおすすめします。

代理店の運用代行費用の相場

運用手数料の項目で、料金体系の主流は定率型だとお伝えしました。定率型の場合、手数料の相場は広告費の月額のおよそ20%といわれています。ただし、定率型が採用される多くは月々の広告費用が30万円以上の場合です。

予算が数十万円と少額の場合、料金体系は固定型が多い傾向にあります。なぜかというと、代理店側としては「広告費にかかわらず手数料は20%」とした場合に、小規模な案件では業務量に見合った売り上げが見込めなくなるため。特にひと月25万円以下のケースだとその傾向が強く、おおむね一律5万円、加えて初期費用が設けられるようです。
また少額予算だと、料金体系の違いとあわせて、運用レポートなどのサポートがややシンプルになる(レポートが簡易的、報告回数が大型案件に比べて少ないなど)ことは念頭に置いておきましょう。

限られた予算でも成果を出すポイント

リスティング広告は入札さえ強化すれば素早く上位表示できる、コストパフォーマンスに優れた手法です。
ここで「限られた予算で入札を強化するにはどうすれば良いか?」を考えてみましょう。リスティング広告はクリック課金制ですから、予算が少額ということは、獲得できるクリック数が少なくなるということ。すると「コンバージョンの見込みがより高いユーザーにのみアプローチすること」が重要になってきます。
そのためのポイントを3つ、ご紹介します。

ポイント① ターゲットを絞り込む

商品・サービスには必ずターゲット(販売対象)が存在します。ターゲットは、性別や年齢、企業規模や役職、関心ごとなど様々な項目により設定され、顕在層・検討層・潜在層に分けられるのが一般的です。
実際に商品・サービスを購入してくれるターゲットの条件を洗い出して、まずはコアターゲットを設定しましょう。
ターゲットを絞り込むことでリスティング広告のキーワード選定の質が高まるので、効率的にCVを作ることができます。

ポイント② キーワードの選定

広告が表示されたターゲットのうち、一人でも多くを顧客にしたいですよね。限られた予算で運用するなら、まずはその精度を高めることに注力しましょう。
ターゲットの課題や要望を設定して、どんなキーワードで検索するかをイメージしましょう。思い浮かぶキーワードは漠然としたり抽象的なものではなく、必ず具体的なキーワードになるはずです。
広告出稿をした商品・サービスを求めるターゲットが具体的にどんなキーワードで検索するかを仮説して、絞り込むことでCVする見込みが高いターゲットに広告をリーチすることが可能になります。

ポイント③ 配信エリア・時間帯を絞る

リスティング広告では、配信エリアや時間帯・曜日を指定することができます。
たとえば、集客対象としているエリアに限定して配信する、会社勤めの男性がターゲットならスマホが使われることの多い朝・夕の通勤時間を狙う、主婦層を対象とした商品やサービスなら家事が落ち着くお昼過ぎ~夕方に設定する……など、リーチしたい層を具体化することが成果に繋がるポイントです。

少額でも始めてみるべきメリット3つ。留意したいポイントも

1日あたりの予算上限を設定できるリスティング広告。出稿すれば必ずしも成果に繋がるわけではありませんが、無理のない入札価格を設定すれば、低リスクでスタートできます。「うちは広告費用が少ないから」と躊躇するのはもったいないですよ。

メリット① Webマーケティングのトライアルに向いている

特にWeb広告が初めての場合、商材がWebマーケティングにマッチするかどうかは未知数ですよね。少額から入札できるリスティング広告だからこそ、無理なくネットとの相性をリサーチするのに役立ちます。

メリット② 市場のニーズを把握できる

運用結果を見れば、指定したキーワードがどの程度検索されているのかが分かります。つまり、商材に関するネット上でのリアルタイムな市場感をつかむことができます。

メリット③ 他の広告施策に繋げられる

リスティング広告は顕在層へのアプローチが得意だとお話ししました。ということは、運用で得たデータを分析すれば、その知見はマーケティング全般に生かすことができます。
たとえば、反応の良かった/悪かったキーワードを抽出してSEOや他の広告媒体を見直すなど、もしリスティング広告の成果が思うように出なかったとしても、その結果は決して無駄にはなりません。

留意点① すぐに集客したい場合は向かない

予算が小規模の場合、高い効果を狙うほどユーザー像を絞っていくことになります。そのため、期間限定のキャンペーンなど、すぐに大勢の集客に繋げたい場合には向きません。

留意点② コンバージョンの大幅増は期待しない

獲得数の大幅な増加を狙う場合は、どうしても多めの予算が必要になります。

留意点③ PDCAを回すには時間が必要

少額での運用は、獲得できるクリック数にも限りがあるため、改善点を整理したり是正策を組み立てるためのデータ蓄積には多少の時間がかかります。

少額でも運用代行してくれる代理店はある

いざリスティング広告を始めようと思ったとして、インハウス運用が難しい場合は代理店に任せることになるでしょう。
先ほど、アドフープで代理店を探す広告主の多くが月々の広告費用を100万円以上を設定しているとお伝えしました。実は代理店側も、受注の条件としてひと月の最低出稿金額を100万円前後からと設定しているところが多いです。

となると、少額の予算(月の広告費20~30万円ほど)で運用代行を依頼しようと考えた場合、まずは引き受けてくれる代理店を探さなくてはなりません。
ですがこれがなかなか骨の折れる作業です。
もちろん少額案件を得意とする代理店もあるのですが、相対的に数が少ない上、Webサイトなどでは最低受注金額を提示していないことがあるためです。

限られた予算を効率的に運用してくれる代理店と出会うには、どうすれば良いのか?
ここで、私たち株式会社イルグルムが提供する「アドフープ」をご紹介させてください。

代理店探しは手間がかかる。だからアドフープ

アドフープ」は、マーケティング領域に特化したマッチングプラットフォーム。
広告主と広告代理店のマッチング機会をご提供しています。
求める条件や課題を公開すれば、その要望を満たせる広告代理店から応募が届く仕組み。
代理店探しの手間を省いて、より早くリスティング広告の運用が始められます。

  • 広告主様のご利用は完全無料
  • 希望条件をアドフープ上で公開するだけで受注希望の広告代理店から応募が届く
  • 最短即日で最適な広告代理店をご紹介
  • 比較検討、面談なども可能

少額予算のWeb広告運用は、展開できる施策が限られる分、請け負う代理店の数が少ないのが現状です。
ですがアドフープなら、大小さまざまな案件で実績を持つ代理店が数多く加盟しています。
広告主様のご利用は完全無料なので、とりあえず与件を掲載してみるのはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適な広告代理店を
ご紹介します

無料相談はこちら

03-6831-4545

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら