コンシェルジュに
相談する(無料)

YouTube広告(動画広告)の運用代行探し。ポイント解説&おすすめ代理店

この記事をシェアする

近年、ますます盛り上がりを見せている動画コンテンツ。それに伴い、動画広告は注目度の高いマーケティング手法となりました。さらに超高速・大容量の通信を可能にする5Gがスタートしたことにより、動画広告の市場は今後も拡大していくことが予想されます。

さまざまな動画配信サービスがありますが、中でも有名どころといえばやはりYouTubeです。Googleの発表によると、2020年9月時点でYouTubeの国内月間利用者数は6,500万人以上
ユーザーの多いプラットフォームであり、企業のマーケティング活用にも大いに有効です。

ただし、動画広告は制作にも運用にも知識・スキルが必要。特に「これから始めたい」という企業の方は、広告代理店に任せるのがおすすめです。
この記事ではまずYouTube広告の概要と代理店探しのポイントについてお伝えし、後半ではYouTube広告で実績を持つおすすめ代理店をご紹介します。

※参考:thinkwithgoogle.com

YouTube広告について

YouTube広告の特徴

YouTube広告とは、ユーザーがYouTubeで動画を視聴する際に流れる動画広告です。
ほとんどが動画の再生前か視聴中に表示されるため、自然とユーザーの目に入るのが特徴。
テキストや静止画像の広告に比べ、短時間で多くの情報を届けられるのも動画広告ならではです。動画内には自社サイトへの誘導リンクの設置も可能です。

詳細なターゲティング

YouTube広告のターゲティング方法は、大きく分けると2種類。それぞれに細かな設定項目があるので、商材や目的、ターゲットに合わせてカスタマイズすれば、より高い成果を出すことができます。

  • オーディエンスターゲティング
    ユーザーの属性や興味・関心、検索履歴といった「人」を軸に絞り込むターゲティング
  • コンテンツターゲティング
    YouTube内のコンテンツやGDN(Google ディスプレイ ネットワーク)上のWebサイト・アプリ、使用デバイスなど「配信場所」を軸に絞り込むターゲティング

配信成果が一目瞭然

成果をリアルタイムで測定できるので、すばやいPDCAを回すことが可能です。

管理はGoogle広告アカウントで

YouTube広告の配信設定はすべてGoogle広告のアカウントで管理することになるため、始めるにはGoogle広告アカウントが必要です。

YouTube広告の種類・掲載場所

スキップ可能なインストリーム広告

動画コンテンツの再生前後、または再生中に表示される広告。
再生開始から5秒経過するとユーザーはスキップ操作が可能です。

掲載場所

YouTube動画再生ページ/Google動画パートナー上のWebサイト・アプリ

課金形式

動画視聴型(広告動画が再生されると費用が発生)

スキップ不可のインストリーム広告

動画コンテンツの再生前後、または再生中に表示される広告。
動画は最長15秒で、ユーザーはスキップできないためメッセージを最後まで届けることができます。

掲載場所

YouTube動画再生ページ/Google動画パートナー上のWebサイト・アプリ

課金形式

インプレッション型(広告が表示されると費用が発生)

インフィード動画広告(旧ディスカバリー広告)

動画のサムネイル画像+テキストで構成される広告。
ユーザーがクリックすると動画広告が再生される仕組みです。

掲載場所

YouTubeの検索結果画面や関連動画/YouTubeモバイルのトップページ

課金形式

クリック型(サムネイルがクリックされ、広告が視聴されると費用が発生)

バンパー広告

動画コンテンツの再生前後、または再生中に表示される広告。
特徴は6秒以内という短さで、ユーザーはスキップすることはできません。

掲載場所

YouTube動画再生ページ/Google動画パートナー上のWebサイト・アプリ

課金形式

インプレッション型(広告が表示されると費用が発生)

アウトストリーム広告

YouTube広告の一つですが、YouTube内では配信されません。
配信先はGoogle動画パートナー上のWebサイトやアプリのみ、かつモバイル専用です。
表示された際には音声なしで動画が再生され、ユーザーが動画をタップするとミュートが解除される仕組みです。

掲載場所

Google動画パートナー上のWebサイト・アプリ

課金形式

視認範囲のインプレッション型(動画2秒以上再生で費用が発生)

マストヘッド広告

YouTubeのホームフィード(ホーム画面)の上部に表示される広告。
ユーザーの目に止まりやすい場所に掲載でき、動画広告は音声なしで自動再生されます。
マストヘッド広告の配信枠は予約制になっていて、Googleの営業担当者を通じて予約する必要があります。

掲載場所

YouTubeのホームフィード上部

課金形式

インプレッション型(広告が表示されると費用が発生)

YouTube広告は動画広告ならではの良さがありますし、せっかく手間暇をかけて動画を制作するなら費用対効果の高い運用を目指したいですよね。「社内にリソースやノウハウがない、しかしYouTube広告を始めたい」という場合は、代理店に運用代行を任せるのがいちばんです。

YouTube広告の運用代行、代理店選びのポイントは?

POINT①業界・商材での運用実績があるか

YouTube広告は複数の種類、配信先がありますが、扱う内容やターゲットによって何が適しているかが変わります。そこでまずは、同じ業界・近い商材での運用実績があるかどうかを確認しましょう。

POINT②クリエイティブ制作が可能か

動画広告の成功には高い訴求力、強いメッセージ性でユーザーの興味をかき立てることが大きなカギとなります。
質の高い動画を制作するにはプロのスキルが必須。
社内にクリエイティブ制作部門がないなら、必然的に外注することになるでしょう。
クリエイティブ制作も広告運用も一括して任せられる代理店だと、施策がスムーズに進みます。

POINT③他の広告媒体との組み合わせ展開が可能か

データは2022年4月単月のもの

私たちイルグルムが提供するアドレポ(広告レポート自動化ツール)ご利用者のデータでは、Web広告の出稿媒体はGoogle広告が約60%と最も多く、次に多いのがYahoo!広告、Facebook広告となっています。

YouTube広告の管理はGoogle広告アカウントで行うため、Googleの各種広告との組み合わせはどの代理店でも応じてくれる可能性が高いです。
ただし、さらに広くターゲットにアプローチするには、他媒体への出稿も視野に入れたいところ。複数の媒体を掛け合わせた運用代行が得意な代理店なら、多角的なアプローチの提案が期待できます。

相性の良い代理店を探すには、得意業種や運用実績、クリエイティブの制作体制といった情報を集めることが必要ですが、自力で候補を探すのはかなり骨の折れる作業です。
そこで、さまざまな条件から代理店探しができる、広告代理店の無料紹介サービス「アドフープ」をご紹介します。

希望条件にマッチする代理店が見つかる「アドフープ」

アドフープ」は広告主様と広告代理店をつなぐ、マーケティング特化型マッチングプラットフォームです。広告主様のご利用は完全無料。簡単なステップで貴社にマッチする広告代理店が見つかります。

まずはご登録なしで「代理店一覧」をご覧ください

加盟代理店の情報を掲載している「代理店一覧」では、代理店探しのポイントでお伝えした得意業種・実績・クリエイティブ制作の可否といった項目をはじめ、取り扱いサービスや各種媒体からの認定などをコンパクトにまとめています。
成功事例もご紹介していますので、ぜひご参考に。

実際に代理店を探す際には、ご登録いただいて希望条件を掲載するだけでOK。
基本的にコンペ形式の募集となり、代理店から応募を待つだけですが、気になる代理店があればピンポイントで問い合わせることも可能です。

代理店の得意業種実績がわかる「代理店一覧」へ

[厳選7社]YouTube広告(動画広告)の運用代行依頼におすすめの代理店

ここでは、アドフープ加盟店(代理店一覧掲載中)の中でもYouTube広告(動画広告)での成功事例が掲載されている、媒体からの表彰実績があるなど、おすすめの代理店をピックアップしてご紹介します。

株式会社マクロミル

自社で保有する130万人超の消費者パネルデータと、国内外4,000社以上にのぼるマーケティング支援の経験を生かし、顧客企業の広告・宣伝領域をワンストップで支援。クリエイティブ制作、サイト制作、SEO、LPO、MAなど幅広く相談可能です。独自ソリューションである「リアルタイム調査」や「消費価値フレームワーク」により、消費者一人ひとりに最適な広告を配信。下記の公開データでは、TVCMとの併用でYouTube広告を多角的に運用し、約200万人のキャンペーン認知の純増効果(通常運用と比較)を発揮した事例を掲載中。

「株式会社マクロミル」の詳細をみる

株式会社グラッドキューブ

「Google Premier Partner Awards 2019」の動画広告部門において、国内最優秀賞(第1位)を受賞。動画広告の施策立案から制作、集客まで一貫したWebマーケテイングの提供を得意としています。他にも各種メディアからの認定、表彰実績が多数。注目は、自社開発のWebサイト用オールインワン解析改善ツール「SiTest」。広告からLPへ誘導した後のユーザー行動を可視化・分析し、改善施策まで行うことができるツールで、この「SiTest」を活用した包括的なマーケティング提案が期待できます。

「株式会社グラッドキューブ」の詳細をみる

株式会社デジタルアイデンティティ

YouTubeとFacebookを中心に、TwitterやTikTokなどさまざまな媒体での動画広告で実績あり。クリエイティブ制作(動画、Webサイト、LP、バナー)からWeb広告、SEO、マーケティングオートメーション(MA)など幅広い支援を強みとしています。広告用クリエイティブ改善を専門にする部署があり、LPは平均でCVR170%改善、動画などを活用したCPA改善事例も多数。下記の公開データでは、複数の動画広告を組み合わせ売上、CVR、検索数を大幅に向上させた事例をご紹介しています。

「株式会社デジタルアイデンティティ」の詳細をみる

株式会社Riglef

マーケティング戦略の設計からSEO・広告運用、オウンドメディア支援まで、一気通貫で事業の飛躍をリードする「マーケティング・カンパニー」です。代表の田中氏はメディア事業を5.3億円で会社売却した実績を持つ人物。事業会社だからこそ出来る本物のマーケティングを武器に、顧客の売上を伸ばす観点から結果を出し続けています。下記の公開データでは、YouTube広告をはじめさまざまな媒体を掛け合わせたマーケティング施策でCPA90%改善、PV・CV大幅増などを実現した事例をご紹介しています。

「株式会社Riglef」の詳細をみる

株式会社メディアハウスホールディングス

「運用特化型代理店」として全国の中小企業を支援し、その実績は700社以上。Google広告で数々の優秀な成績を残している代理店です。既存顧客の継続率は約97%を誇り、その高い顧客満足度を支えるのは幅広い領域をカバーする業種別の管理体制。BtoBサービスや求人、士業、各種ECなど、各業界の広告運用に精通した専門チームに代行を任せられます。下記の公開データでは、YouTube広告にリスティング広告やGDN(Googleディスプレイネットワーク)を掛け合わせた成功事例を掲載中。

「株式会社メディアハウスホールディングス」の詳細をみる

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

Webマーケティングで全米No.1の実績を持つ、Bruce Clay Inc.の日本支社。SEOやインターネット広告を利用した集客周りの改善を得意とし、Web収益の改善を中心に置いた戦略設計に定評があります。集客からコンバージョンまで一貫したサービスを取り扱っているため、顧客の幅広い悩みに対応。広告運用、クリエイティブ、SEOコンサルタントなどの部分最適化サービスから、全体最適化をサポートするコンサルティングサービスまで相談可能です。

「ブルースクレイ・ジャパン株式会社」の詳細をみる

株式会社GrandpaGraphics

「お客様と一緒に事業を作っていく」をポリシーとし、企業向け広告を中心にECや教育、病院関連での広告運用実績多数。社内でのクリエイティブ制作が整っており、動画制作やLP制作など安心して任せることができる代理店です。顧客のニーズに対し、リスティング、SNS、Youtube、タクシー広告、TVCMなど幅広い選択肢からマッチする提案で応えます。クリエイティブ制作のみの相談も可能。

「株式会社GrandpaGraphics」の詳細をみる

「任せたい」と思える代理店が見つかります

今回ご紹介した以外にも、アドフープでは実力のある代理店が多数加盟しています。
ぜひ一度、代理店一覧をご覧ください。
気になる代理店があればそのままお問い合わせも可能ですし、複数の代理店からの提案を受ける場合は、アドフープ内で募集をかけることができます。
ご登録からご契約までコンサルタントがお手伝いしますので、お気軽にお問い合わせください。

代理店の得意業種実績がわかる「代理店一覧」へ

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適なパートナーを
ご紹介します

無料相談はこちら

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら