コンシェルジュに
相談する(無料)

リスティング広告に強い代理店の選び方。手数料相場や比較ポイントを解説

この記事をシェアする

Web広告の中でも比較的始めやすく、多くの企業が導入しているリスティング広告。
集客に繋がりやすいといわれている一方、運用する企業が多い=ライバルが多いため、成果を上げるには施策の中身が重要です。
これから始めようという企業、またはすでに運用しているが効果がイマイチ、という企業の方は、プロである広告代理店に運用を任せるのがオススメ。
ですが「リスティング広告 代理店」と検索しても多くのサイトがヒットするため、選び方に悩む方も多いと思います。
今回はリスティング広告に強い代理店の選び方について、ポイントと、簡単に比較検討する方法をご紹介します。代理店選びのヒントになれば幸いです。

リスティング広告の概要について

リスティング広告とは

ユーザーが検索エンジンで検索を行った際、入力された検索キーワードに応じて表示されるテキスト形式のWeb広告です。
表示位置は検索結果画面の上部、または下部。GoogleやYahoo!では、通常の検索結果(オーガニック検索)を挟むように、上下にリスティング広告用のエリアが設けられています。
広告の掲載の有無や掲載順位はオークションによって決まります。

自然検索でのSEOとの違い

Webページが検索結果画面で上位に表示されるためには、SEO(検索エンジン最適化)が有効。しかし検索エンジンに評価されるための対策は、サイトの構成を調整したりコンテンツを充実させたりと労力が必要で、結果が出るまでには時間もかかります。
一方、リスティング広告はすぐにでも配信が可能なので、より早い効果が期待できます。

他のWeb広告との違い

リスティング広告以外の主なWeb広告に「ディスプレイ広告」や「SNS広告」があります。これらとの大きな違いは、リスティング広告がテキストのみの構成であるということ。
画像や動画を準備する必要がなく、広告制作の負担が小さい点で手軽な手法といえます。

リスティング広告の利点

顕在層にリーチしやすい

特定の検索キーワードに応じて広告が表示されるということは、具体的なニーズのある「見込みの高いユーザー」に絞ってアプローチが可能であることを意味します。
リスティング広告はコンバージョンに繋がりやすいといわれています。

低予算から出稿できる

リスティング広告の課金形式は、基本的に「クリック課金制」。
ユーザーがクリックするごとに費用が発生する仕組みなので、広告が表示されただけでは費用がかからず、また広告費用の上限も自由に設定できます。

配信をコントロールしやすい

配信の開始・停止がリアルタイムで可能で、成果も確認できます。
内容の変更もすぐにできるので、成果を見守りながら改善策に取りかかれる点が強みです。

リスティング広告の運用代行で依頼できること

リスティング広告を実際に運用するには、GoogleやYahoo!といった各媒体(出稿先)の特徴をつかみ、出稿準備から入札、成果の確認、改善などPDCAを回していくことになります。社内リソースが十分でない場合はスムーズな運用が難しくなりますから、そういった企業は広告代理店に任せることになるでしょう。
ここでは「運用を任せると、具体的に何をしてくれるのか?」を確認します。

代理店に依頼できること

主な内容は以下の通りです。

  • 広告アカウントの開設
  • 広告の目的の明確化
  • KPI(重要業績評価指標)、KGI(重要目標達成指標)の策定
  • アカウント構成
  • 入稿
  • 入札
  • 予算管理
  • 進捗管理
  • レポート作成
  • 改善策の提案

基本的に予算が大きいほど代理店に依頼できる業務が増え、戦略立案やアカウント開設といった広告入札の下準備から、入稿、成果からの改善提案まで、トータルで任せることも可能。
特に注目したいのが進捗管理です。リスティング広告の運用は、日々変わる状況に対応してこそ成果に繋がるものなので、こまめな進捗管理は成功を分ける大きなカギになります。

ただし、代理店への丸投げはおすすめしません。
特にKPI・KGIの策定については、自社商材や顧客への理解が深いほど精度が高まります。
自社のことをいちばん理解しているのは広告主ですから、代理店と共に目標をめざす姿勢がないと、代理店のスキルを持ってしても期待した効果は得られないでしょう。
私たちがこれまで見てきたケースでも、積極的に情報提供しながら広告代理店とお付き合いしている広告主様は着実に成果を上げています。

代理店に運用代行を任せるメリット3つ、デメリット3つ

運用代行の3大メリット

メリット① 運用のための社内リソースが不要

リスティング広告運用には、配信作業に加えて進捗管理やデータ集計・分析、新たな戦略立案などさまざまな知識、対応を必要とします。特にWeb広告出稿が初めての企業の場合、初手から社内リソースを確保することは難しいでしょう。
運用を代理店に依頼すれば、煩雑な作業は任せ、その分他の業務に時間を割けることが大きなメリット。代理店によっては、LPやWebサイトといったクリエイティブ関連の制作業務をまとめて引き受けてくれる会社もあります。

メリット② 専門家の知識・ノウハウで運用される

代理店は専門スキルを持つスペシャリスト集団なので、運用開始からスピーディーな成果が期待できます。キーワード選定や出稿時間といった設定だけでなく、他媒体との掛け合わせなども相談可能です。

メリット③ 認定代理店なら最新の知見での運用も

リスティング広告を得意とする代理店には、広告媒体が設ける「パートナー認定」を受けている会社があります。認定代理店となるには実績が必要ですから、実力を知る一つの目安として参考になります。さらに認定代理店は各種媒体から限定ツールやセミナーなど優先的なサポートを受けているので、より効果の高い運用が期待できます。

運用代行を任せるデメリット3つ

デメリット① 手数料を代理店に支払う必要がある

運用を外注するということは、広告費用に加えて代理店の作業分の料金(運用手数料)が発生するということ。
手数料の相場については後ほど触れますが、毎月必要になる費用ですから、無理なく契約を継続できるよう、代理店選びの際にはすり合わせがマストです。

デメリット② スピード感のある運用が難しい場合がある

代理店の担当者は複数の案件を抱えています。そのため、入札単価の調整や広告内容の差し換えなど、すぐに対応してほしい事態が発生したとしても、少し時間を要する場合があります。

デメリット③ 社内に運用ノウハウが蓄積されにくい

これはメリット①で挙げた「社内リソースが不要」と表裏一体といえるでしょう。
多くの工程を代理店に任せられる反面、社内に知識やスキルを持つ人材が育ちにくい点は、企業によってはデメリットとなるかもしれません。
ただし、積極的に情報共有を求めたり、コミュニケーションを通じて知見を得たりすれば「代理店に任せているから何も分からない」という状況は予防できるはずです。

運用手数料の相場について

手数料の相場は広告費用の20%

リスティング広告を含め、Web広告を代理店に任せた場合の運用手数料には相場があります。一般的にいわれているのが「広告費用の20%」。
ひと月の広告費用が100万円なら運用手数料は20万円、300万円なら60万円ですね。

ただし広告費用が少額の場合、話が少し変わってきます。
具体的にいうと、ひと月の広告費用が25万円以下の場合、定率制ではなく固定金額制での契約が増える傾向にあります。たとえば「ひと月の広告費用が25万円以下の場合、手数料は一律5万円」といった具合です。
加えて、アカウント作成や広告グループの作成といった運用開始前の作業に「初期費用」がかかることも。
また代理店としては少数派ではありますが、リスティング広告で成果が発生した場合に報酬を支払う成果報酬型で運営している代理店もあります。

どういった料金体系で運営しているかは代理店・プランによってまちまちです。
代理店選びの際には、後になってトラブルを招かないようしっかり確認しましょう。
なお、運用手数料をはじめ、Web広告で必要な費用関連についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

代理店の選び方。重要ポイントは6つ

代理店選びでぜひチェックしておきたいポイントを解説します。
候補となる代理店を探す時、また候補先に問い合わせた後の面談・提案・見積の際に参考にしてください。

代理店を選ぶポイント①【評価】代理店の実績・得意な業種

Web広告にはさまざまな種類があり、代理店や運用担当者にはそれぞれ得意な広告媒体があります。リスティング広告の運用代行を依頼するなら「リスティング広告で実績のある代理店」を選びましょう。
さらに、あなたの会社と同業種の経験があるかどうかも欠かせないポイント。業界に理解の深い代理店なら、よりフィットした施策を提案してくれるはずです。
Webサイトで運用実績を紹介している代理店もありますが、どんな課題にどういった施策を打っか、その詳細までは公開していないこともあります。面談の際に具体的な話を聞いてみましょう。

代理店を選ぶポイント②【費用】運用手数料の設定

広告の出稿費用とは別に広告代理店に払う費用が、運用手数料(運用代行手数料)です。運用手数料の料金体系で多いのは、広告費に対して一定の割合で設定される「定率型」。
そして定率型の費用相場は、一般的に「広告費用の20%」といわれています。
たとえば、広告費用が100万円なら運用手数料は20万円。この20万円が代理店の売上です。

ただし、広告費用が少額の場合は定率型ではなく、毎月同額を支払う「固定金額制(定額制)」が採用されるケースが多く見られます。特にひと月の広告費用が25万円以下のケースだと、一律5万円と設定される傾向があるようです。

運用手数料は月々にかかる費用ですから、選定ポイントとしてしっかり確認しましょう。
ちなみに、出稿金額・運用手数料が高額になるにつれて、代理店からのサービスは手厚くなることが多いです。お得意様には丁重に、ということですね。

代理店を選ぶポイント③【費用】最低出稿金額の有無

特に定率型の料金体系を採用している広告代理店では、「ひと月あたり○○万円以上の広告を出稿してください」と、最低出稿金額を設けている企業があります。
この最低出稿金額が予算と合わない場合は別の代理店を探すことになりますから、優先度高めで確認しましょう。
もし最低出稿金額をクリアしていたとしても、想定する費用のボーダーラインに近い場合は要注意。Web広告は成果を見ながら施策を改善していく必要があります。改善策で予算の割り振りを変えるとなった際に、リスティング広告の出稿金額を下げることもあり得ますよね。
運用や予算に不確定要素がある場合は、契約前に相談しておくと安心です。

代理店を選ぶポイント④【組織体制】他にも任せられる?

Web広告の運用について長い目で見たとき、もしリスティング広告以外も出稿する可能性があるのなら、代理店が対応できる組織体制かどうかが重要になってきます。
その場合は、

  • リスティング広告「以外」の広告媒体の実績
  • 画像や動画といったクリエイティブ制作に対応してくれるか
  • SEOなどWebマーケティング全体の知識があるか

……といった内容も選定基準に入れておきます。

代理店を選ぶポイント⑤【人材】運用担当者のスキル

実際のところ、広告運用は運用担当者のスキルがカギを握ります。
広告代理店選びの際には、担当者自身がリスティング広告でどの程度の経験・実績を持つか確認しましょう。
ただし、実績が多いに越したことはありませんが、担当しているクライアント数が多い場合は要注意かもしれません。忙しい担当者だと、連絡がつきにくかったり対応が鈍かったりする可能性があります。
自社にきちんと向き合ってもらうためにも、運用担当者がスムーズに仕事ができる状況なのか念を押しておきましょう。

代理店を選ぶポイント⑥【人材】担当者との相性

どんなに有名な広告代理店であっても、実際の仕事は担当者の人柄や働きぶりによって大きく左右されます。その前提で考えてみると、広告運用の代行を依頼する上で一番重要なのは「一緒に仕事をする者同士の相性」。
運用担当者、または運用担当者とあなたの橋渡し役となる営業担当者との相性を確かめるには、検討段階で担当者本人と面談できることが理想です。代理店に交渉してみましょう。

  • ぜひ仕事を任せたいと思える相手か?
  • 同じ目線で課題を考えてくれる人材か?

レスポンスが早い、知識が多いといった客観的な評価だけでなく、あなた自身が「一緒に仕事がしたい」と感じる相手を探すのが何よりです。

代理店選びは“比較検討”が重要。スピード解決なら「アドフープ」

リスティング広告に限らず、Web広告運用の代理店を探すときには、候補を複数挙げて比較検討することが大切です。
比較検討するためには、まず代理店の情報を集め、気になった数社へ問い合わせをして、各社とミーティングを実施して提案を受ける……というのが大まかな流れ。上でご紹介したポイントを確認しながら、自社の要望によりマッチする企業を探しましょう。

といっても、自力で複数の企業に問い合わせ、それぞれが条件にどの程度マッチするか確認するのは多大な労力を要します。
特にリスティング広告の場合、媒体としては少額から出稿できる点が魅力なのですが、一方で「最低出稿金額100万円から」と設定している代理店が少なくありません。せっかく問い合わせたのに費用の条件が合わなかった、なんていうことになると、それまでの時間も労力ももったいないですよね。

そこで、イルグルムが提供する広告主と広告代理店のマッチングサービス「アドフープ」をご紹介します。
広告主様の利用料は無料。費用や課題といった条件・希望を提示すれば、代理店側から「ウチならできます」とエントリーが届く仕組みです。
基本的にコンペ形式での募集なので、より良い提案や条件が期待できるのが強み。ご登録前でも、次にご紹介する「代理店一覧」から、どの代理店がどういった業種・媒体を得意としているのかご確認いただけます。

広告代理店の選定、手間も時間もかけさせません

[ご登録不要]代理店一覧で得意業種や実績がわかる!

アドフープの「代理店一覧」には、加盟代理店の会社情報を掲載しています。
まず、リスティング広告・動画広告・SNS運用など「取り扱い媒体」タグから、出稿したい媒体に対応可能な代理店だけを絞り込んでチェック可能。同様にアパレル・不動産・製造といった「得意業種」でピックアップすれば、同業種での経験・実績があるかどうかも確認できます。
また、各代理店の紹介ページでは「企業規模」「成功実績の具体例」「広告媒体からの認定・表彰実績」などの項目を詳しく掲載。この代理店が良さそう、と思ったら、そのまま代理店名を指定して問い合わせまでノンストップで進めます。

代理店の得意業種実績がわかる「代理店一覧」へ

完全無料でスピード解決。アドフープが条件に合う代理店をご紹介します

リスティング広告の運用について、こんなお悩みはありませんか?

  • 代理店を探したいが、時間がない
  • 広告成果が悪化しているが、代理店から新しい提案がない
  • 自社運用中だが、新たな広告施策が見つからない

アドフープの強みは、手間も費用もゼロで貴社に適した広告代理店が見つかること。
求める条件をご共有いただいたら、あとはアドフープにお任せください。最短即日で候補代理店の中から、費用対効果を最大化する実力のある広告代理店をご紹介します。
すばやいご紹介を可能にしているのは、独自システム内で行うコンペ形式での代理店募集。希望条件を満たす代理店からのみ直接エントリーが届く仕組みなので、契約までのやり取りがスムーズに進みます。

細かな条件まで指定OK。だからマッチする代理店が見つかる

代理店の募集にあたっては、依頼したい広告種類や月額予算、現状の課題や目標値、さらに代理店に求める実績・スキルの基準など、自由筆記を含めて細かく記載することが可能です。
「どんな風に条件を提示すれば良いのか分からない」というご担当者様もご安心ください。アドフープのコンサルタントが、貴社の課題整理からお取引開始まで徹底サポートします。

マッチする代理店が見つかる確率は92%

これまでご利用いただいた広告主様の業種は健康商品やコスメ、アパレルといった販売系から人材派遣・人材紹介ビジネス、不動産やBtoBなどさまざまで、92%が代理店とのお取引をスタートされています。

広告費用の傾向としては、最も多いのが月額100~299万円、次いで300万円以上の企業が多いですが、一方で月額49万円以下の企業も25%以上あり、予算の大小に関わらず希望条件を満たす代理店をご紹介してきました。

もし代理店と契約に至らなくても費用が発生することはありませんので、ご興味があればぜひ詳細をご覧ください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適なパートナーを
ご紹介します

無料相談はこちら

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら