コンシェルジュに
相談する(無料)

【厳選】Twitter広告代理店おすすめ10社。運用代行に強い代理店の最適な選び方や費用を解説

この記事をシェアする

Twitter Japanのツイートによると、国内の月間アクティブユーザー数(アカウント数)は4,500万人超え(2017年10月時点)。SNSの中でも強い存在感を放つTwitterでの広告運用には、認知度向上や購買促進などさまざまなメリットがあります。
しかしルールや設定など専門的な内容も多く、「これから始めてみたい」と考えても自社で効果的な運用を行うことはなかなか難しいでしょう。
そんな場合は、広告代理店に運用代行を任せるのがおすすめです。

この記事では広告代理店への運用代行をお考えの方に向けて、おおよその費用や代理店選びのポイントを解説。その後、アドフープが自信をもっておすすめする〈Twitter広告運用で強い実績を持つ代理店10社〉を掲載しています。
さらに、最適な代理店に最速で出会える「アドフープ」についてもご紹介していますので、これから代理店探しを始めるという方はぜひご覧ください。

「Twitter広告ってどういうもの?」という方に向けては、記事の最後に「SNSの特徴・掲載場所・課金形式について」をまとめました。Twitter広告の概要を確認したい方はこちらからどうぞ。

※参考:Twitter Japan@TwitterJP

Twitter広告運用代行の費用について

Twitter広告の運用代行を代理店に任せる場合、必要になる費用は大きく分けて3種類。
①広告費用、②運用手数料、③クリエイティブ制作費用です。

① 広告費用

実際に広告を出稿するために必須の費用で、主に掲載媒体での入札費用を意味します。
低予算から始められるのがTwitter広告のメリットですが、予算の額は企業によってまちまちのため「Twitter広告ならこれくらいがおすすめです」とお話しすることはできません。ただ、広告費にかける予算が高ければ掲載のチャンスが増えますし、さまざまな施策に挑戦できることは間違いないので、できる限り用意したいところです。

ちなみに、代理店によっては「ひと月あたり○○万円以上の広告を出してください」と、最低出稿金額を設定している企業があります。
この最低出稿金額が予算とあわない場合は、別の代理店に依頼をしなくてはなりません。代理店探しの際には、広告予算と照らし合わせ「最低出稿金額の設定があるかどうか」「ある場合は、自社がその基準を満たしているか」を確認しましょう。

② 運用手数料

運用手数料(運用代行手数料)とは、月々の運用作業に対して支払う代理店へのマージンです。
この運用代行手数料、広告費に対して決まった割合を請求する定率型を採用している代理店が多く、一般的に相場は「広告費用の20%」と言われています。たとえば広告費用が100万円の場合、運用手数料は20万円。500万円なら100万円といった具合で、これは現状、Twitter広告に限らずWeb広告全般で同じです。

\広告費用が少額の場合は別ケース/
広告費用が数十万円と少額の場合、代理店は採算性を確保するために料金体系を固定型にする傾向があります。特にひと月20~25万円以下のケースでその傾向が強く、運用手数料はおおむね5万円が基準となっています。加えてアカウント設定などの初期費用がかかることもあるので、契約前に確認しましょう。

③ クリエイティブ制作費用

Twitter広告は静止画や動画を使った多彩な表現が可能です。その静止画や動画といったクリエイティブの制作まで代理店に任せる場合、必要になる費用がこのクリエイティブ制作費用。
静止画像は代理店に確認すればある程度の目安が示されるはずですが、動画は長さや内容(実写かアニメか、編集レベル、アフレコは必要かなど)によって費用が大きく異なります。たとえば企画の提案からお願いするのか、プロットまでは自社で準備するのかといった工程数によっても変わるため、ある程度の想定の上で代理店に費用を確認しましょう。

Twitter広告の運用代行。代理店選びで外せないポイント

Twitter広告を代理店に任せるとしても、どの代理店でもよいというわけにはいきません。より良い代理店を探すために見るべきポイントを解説します。

POINT① Twitter広告で同業界・商材の運用実績があるか

Twitter広告はWeb広告の一種ですが、だからといって「Web広告が得意です」と謳っている代理店のすべてがTwitter広告の運用代行に精通しているわけではありません。
一口にWeb広告といってもリスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などその種類は多様です。成果を出すには、Twitter広告でしっかりとした運用実績を持つ代理店を選びましょう。

加えて、Twitter広告の中でも同業界や近い商材について実績がある代理店なら期待大です。
Twitter広告には複数の広告種類(掲載場所、静止画or動画など)があり、扱う商材や業界によって効果の出やすい施策が異なることがあります。適した広告を提案できる代理店かどうかを見極めるには、同じ業界や近い商材での運用実績が大きな目安。求める分野で実績があるか、確認しましょう。

\さらに/
広告を出稿するだけでなく、アカウントの運用自体が集客に繋がる場合も。
アカウント運用も積極的に展開したいなら、アカウント運用に関する知識も持ち合わせているかどうか確認しましょう。

POINT② 媒体からの認定があるか

Twitter社では、Twitter広告で豊富な販売実績・運用経験を持ち、かつ規定の基準を満たした広告会社・代理店をTwitter広告認定代理店として認定。さらに認定代理店の中でも特に優れた実績のある代理店には、「Gold Partner」「Silver Partner」「Bronze Partner」「Standard Partner」という特別な認定が与えられます。

Twitter広告認定代理店は、実績の目安になるだけではありません。Twitter社が提供する最新の情報を持っているので、戦略立案や広告運用でより効果の高い運用が期待できます。

Twitter広告認定代理店

POINT③ 他の広告媒体との組み合わせ展開が可能か

データは2022年4月単月のもの

私たちイルグルムが提供するアドレポ(広告レポート自動化ツール)ご利用者のデータでは、Web広告の出稿媒体はGoogle広告が約60%と最も多く、次に多いのがYahoo!広告、Facebook広告となっています。
Twitter広告は全体の約2%と少ないのですが、これは競合他社に先手を打てる可能性が高いと見ることができます。ただし、Web広告運用をTwitter内だけで終わらせるのは少し心許ないとも言えるでしょう。
Web広告市場は年々拡大していますから、ゆくゆくは他媒体への出稿も考えてみることをおすすめします。その点を前提に、代理店選びも複数の媒体を含む横断的な提案が可能なところを選ぶと良いでしょう。

POINT④ 運用担当者のスキル・環境

運用を担当してくれる人材がどういった人か、検討段階で確認しておきましょう。
押さえておきたいのは「経験・知識」と「現在のクライアント数」です。Twitter広告運用の経験・知識については、やはりある程度の経験や知識のある方が望ましいですよね。
一方で、実績が多いのは歓迎できることなのですが、リアルタイムで抱えているクライアント数が多い場合は要注意。忙しい担当者だと、どうしても1社ずつの対応時間に限りが出てしまったり、連絡がつきにくかったりといった自体が考えられます。
メールや電話でスムーズに連絡が取れる状態か、定例会の希望頻度を叶えてくれるかなど、運用担当者が業務をスムーズにこなせる環境かどうかの確認もお忘れなく。

POINT⑤ 運用担当者(営業担当者)との相性

ここまでお伝えしたポイントをすべて押さえる代理店に出会えたとして、最終的な判断材料になるのがこちら。運用担当者、または運用担当者とあなたの橋渡し役となる営業担当者との相性です。
代理店自体がどんなに有名であっても、実際の仕事は担当者個人の人柄や働きぶりに左右されるところが大きく、共に働きたいと思える相手であることが大事。相性というものは実際に対面してみないと分からない部分なので、選定の際には面談の機会を設け、「パートナーとして仕事を任せたいと思える相手かどうか」を見極めましょう。

代理店を探す際には、いくつかの会社を比較して決めるのが一般的です。
ですが自分で情報収集から検討、交渉をするのは大変ですよね。
そこで、さまざまな条件から代理店探しができる、広告代理店の無料紹介サービス「アドフープ」をご紹介します

Twitter広告運用代行を含め、貴社に最適な代理店がみつかる「アドフープ」

「アドフープ」は広告主さまと広告代理店をつなぐ、マーケティング特化型プラットフォームです。広告主様のご利用は完全無料。簡単なステップで貴社にマッチする広告代理店が見つかります。

いきなり登録するのはハードルが高い、という方はまず「代理店一覧」をご覧ください。
アドフープに加盟する広告代理店の情報をどなたでもチェックできます。
一覧では各社が得意とするWeb広告領域や、Twitterを含む広告媒体からの各種認定の有無、成功事例などを掲載。
実際に代理店を探す際には、ご登録いただいて、希望条件を掲載するだけでOK。
基本的にコンペ形式の募集となり、代理店から応募を待つだけです。

代理店の得意業種実績がわかる「代理店一覧」へ

[おすすめ10社]実績から厳選。Twitter広告の運用代行依頼に強い代理店

ここでは、アドフープ加盟店(代理店一覧掲載中)の中でもTwitter広告での成功事例が掲載されている、認定資格を持っているなど、おすすめの代理店をピックアップしてご紹介します。

株式会社デジタルアイデンティティ

TwitterをはじめFacebookやInstagram、LINEなど主要SNS媒体の広告認定パートナー。Web広告だけでなくクリエイティブ制作(Webサイト、LP、バナー、動画)、SEO、マーケティングオートメーション(MA)など幅広い支援を強みとしています。広告用クリエイティブ改善を専門にする部署があり、LPは平均でCVR170%改善、動画などを活用したCPA改善事例も多数。下記の公開データでは、複数媒体での横断的施策による成功事例をご紹介しています。

「株式会社デジタルアイデンティティ」の詳細をみる

株式会社CyberACE

Web広告の国内売上高No.1を誇るサイバーエージェントグループの100%戦略子会社。Twitter広告認定パートナープログラムにおいて、2期連続で最上位の「Gold Partner」に認定されています。同社では最適な広告配信とクリエイティブ運用のため、メディアごとに異なるアルゴリズムに適した運用ノウハウ・オペレーション体制を構築。さらにAIによるクリエイティブの事前効果予測などアドテクノロジーの活用を強みとしています。

「株式会社CyberACE」の詳細をみる

株式会社Lifunext

データ活用を基にした広告代理業・SEO事業を主軸に、デジタルマーケティング全般をサポート。大手代理店出身の経験者を中心に運営する代理店です。さまざまなメディア・ツールから顧客企業に最適な組み合わせを提案、運用。小規模代理店ならではの一歩踏み込んだ取り組みで、他社からのリプレイス後の改善実績95%、平均CPA改善率73%を誇ります。Google、Twitter、Facebookなど各種媒体とパートナー契約・代理店契約を締結しており、最新の情報で横断的なサポートが受けられます。

「株式会社Lifunext」の詳細をみる

株式会社イーエムネットジャパン

運用型広告に強い代理店として、業界問わず数千社の実績を持つ広告代理店です。担当者専任制を基本とし、そのスタッフ全員がWeb広告媒体の認定試験の合格者。2021年にソフトバンク(株)のグループ会社となり、Yahoo!やLINEの膨大なデータを活用した分析・運用の取り組みを展開中です。社内にバナー、LP、動画の制作部隊があり、精度の高い広告クリエイティブで戦略立案から成果最大化に向けたPDCAをシームレスに実現。

「株式会社イーエムネットジャパン」の詳細をみる

株式会社オプト

Web広告の運用代行に加え、常駐支援やコンサルティングなどデジタルマーケティング全般への支援サービスが充実している代理店。Twitter広告認定パートナープログラムでは「Bronze Partner」認定を受けています。また、より安心・高品質なサービスを提供すべく、一般社団法人デジタル広告品質認証機構「JICDAQ認証」を取得。実績では不動産、金融、EC、美容・コスメといった業界が豊富です。

「株式会社オプト」の詳細をみる

株式会社IMAGICA IRIS

予算10万円の動画広告制作から1,000万円以上のTVCMまで幅広いプロモーションを提供。映像業界で名高いIMAGICA GROUPより2019年に誕生した新生ベンチャー企業です。ディレクター・デザイナー・営業のチーム体制を基本とし、クリエイティブごとに毎週の細かな精査を実施。グループが長年培ってきた技術力・表現力を背景に、運用とクリエイティブ両面からの改善ですばやい成果にコミット。リプレイスから約1カ月でCPAを3分の1に下げた実績を持ちます。

「株式会社IMAGICA IRIS」の詳細をみる

株式会社グラフトンノート

デジタルマーケティング領域で長く活躍するメンバーが立ち上げた、運用型広告に強い代理店。Twitter認定代理店の認定を受けています。10名ほどの小規模代理店ながら、各メンバーの実力を背景に顧客を拡大中。運用型広告に関わる一連の業務をトータルで任せられます。広告配信に関するコンサルティングやレポーティングも相談可能。少数精鋭企業ならではのきめ細やかなサービスで、課題の相談から丁寧に対応してもらえます。

「株式会社グラフトンノート」の詳細をみる

よよよマーケティング株式会社

Web広告を起点としてオンライン、オフラインのあらゆる広告物をサポート。ECからBtoBまで業界・ジャンルを問わず手がけ、さらに国内のみならず海外マーケティングにも対応しています。頼もしいのは「1コンサルタント5クライアントまで」を徹底した専任制度。Webマーケティング業界で5年以上活躍するメンバーのみが担当者となることで、きめ細かい提案と施策の実行速度を高めています。下記の公開データでは、Twitterを含む複数媒体での横断的施策による成功事例をご紹介しています。

「よよよマーケティング株式会社」の詳細をみる

株式会社グラッドキューブ

各種SNSをはじめGoogle、Yahoo!やMicroAd BLADEなど各種メディアから多数の認定、表彰実績を持つ広告代理店です。注目は、自社開発のWebサイト用オールインワン解析改善ツール「SiTest」。広告からLPへ誘導した後のユーザー行動を可視化・分析し、改善施策まで行うことができるツールで、この「SiTest」を活用した包括的なマーケティング提案を得意としています。

「株式会社グラッドキューブ」の詳細をみる

ソウルドアウト株式会社

中小・ベンチャー企業の成長をデジタル×マーケティングで支援。Web広告はもとよりリサーチ業務からLP・バナー制作、SEO施策までトータルに任せられる代理店です。サービスだけでなく、広告実績の詳細データをデイリーで確認できる独自データベースも広告主様から好評。TwitterやFacebook、LINEといったSNS広告の配信では、導入から運用までを専任コンサルタントが完全サポート。またWeb広告の主要メディアから多くの実績を獲得しています。

「ソウルドアウト株式会社」の詳細をみる

アドフープなら「任せたい」と思える代理店が見つかります

手間なくすぐに、高確率で見つかる

コンサルタントが業者探しをサポート 無料のマーケティング診断を行い、課題整理~お取引まで徹底サポートします 業者が見つかる確率は92% 今抱えている課題を解決する最適な業者が高確率で見つかります 登録から紹介まで最短即日 課題が明確な場合は、最短即日で業者を見つけることも可能です

代理店探しには、複数の候補を挙げて比較検討するのが一般的です。しかし、忙しい業務の合間を縫って複数の代理店に問い合わせ、比較検討するのはかなり面倒な作業。
アドフープは、そんな代理店の選定に悩む企業の方々に向けて、無料で広告代理店とマッチングの機会を創出するために生まれたサービスです。

担当のコンサルタントが無料のマーケティング診断を行い、課題整理からお取り引きまでしっかりサポート。お申し込みいただいた広告主様のうち、92%が代理店とのお取引をスタートされており、特にマッチングまでのスピードや手間の少なさ、サポートの手厚さに高評価をいただいています。

ご利用企業からのリアルな感想「お客様の声」へ

最適な代理店がすぐに見つかるマッチングの仕組み

従来のサービス 貴社 仲介会社 業者A 業者B 業者C アドフープ 貴社の要望を独自システムに公開 業者A 業者B 業者C

アドフープの特徴は、独自システム内に希望条件を提示すれば、代理店側からエントリーが届く仕組み。希望する条件を満たし、かつやる気のある代理店からのみ提案が届くため、より良い提案や条件が期待できます。

詳細に条件指定OK。だからマッチする代理店に出会える

こちらは代理店募集の際に掲載する募集条件(サンプル)です。
依頼したい広告種類や月額予算、現状の課題や目標値、さらに代理店に求める実績・スキルの基準など、自由筆記を含めて細かく記載することが可能。「自力では課題や条件が分からない」というご担当者様には、アドフープのコンサルタントがお手伝いしますのでご安心ください。

広告主様の費用は完全無料

広告主様 代理店探しを依頼 アドフープ イルグルム 優良代理店を紹介 広告主様をご紹介 広告代理店 お取引開始

アドフープの強みは、手間も費用もゼロで貴社に適した広告代理店が見つかること。

  • 代理店を探したいが、時間がない
  • 広告成果が悪化しているが、代理店から新しい提案がない
  • 自社運用中だが、新たな広告施策が見つからない

こんなお悩みをお持ちの企業様を、コンサルタントがお手伝いします。
アドフープのご利用は完全無料、しかも最短即日で貴社に最適な広告代理店が見つかります。
代理店を見つけるまでの流れなど、ご興味があればぜひ詳細をご覧ください。

代理店の得意業種実績がわかる「代理店一覧」へ

Twitter広告の全体像をチェック。SNSの特徴・掲載場所・課金形式について

リアルタイムで繋がる、広がるSNS

Twitterの大きな特徴は「今、起きていること」を共有しやすいリアルタイム性と、ツイートをシェアする「リツイート機能」による拡散力です。
匿名性の高いSNSゆえに趣味・関心で繋がったコミュニティが存在し、話題の情報を集めたり、イベントの感想を実況するといった使い方が人気。
そのため企業の広告配信やPRにも多く利用されています。

Twitter広告の種類・掲載場所

Twitter広告の種類は、以前はプロモツイート・プロモアカウント・プロモトレンドの3つでしたが、リブランディングによって現在5つのカテゴリーに再編成されています。

プロモ広告(旧プロモツイート)

ユーザーのタイムライン上に表示するツイート形式の広告です。ユーザーがフォローしているアカウントのツイートと共に表示されるため、より自然にアプローチできるのが特徴。
また通常のツイートと同様、ユーザーはリツイートやいいね、リプライのアクションを起こすことができるので、反応やリアルな声を得やすく、拡散も期待できます。

フォロワー獲得広告(旧プロモアカウント)

新規フォロワーを獲得するための広告です。タイムラインや検索結果、「おすすめ」「おすすめユーザー」欄などさまざまな場所にツイート形式で配信できます。
プロモ広告と異なり、広告内にアカウントのプロフィールとリンク、フォローボタンが表示されます。

Twitter テイクオーバー(旧プロモトレンド)

タイムラインや [話題を検索] 画面の目立つ位置に、独占的に広告を表示できます。買取型の固定枠で、1日にわたって占有表示できることが特徴。
表示する位置によって「タイムラインテイクオーバー」「トレンドテイクオーバー」「トレンドテイクオーバープラス」の3種類があります。

Twitter Amplify

Twitterと提携を結んだコンテンツパートナーの動画において、動画の再生前後にCMのような形で広告動画を流す機能です。
コンテンツパートナーが配信する動画配信サイトで動画の再生前に広告を表示する「Amplifyプレロール」、Twitter社と提携を結ぶ企業とタイアップ広告を制作する「Amplifyスポンサーシップ」の2種類があります。

Twitterライブ

ストリーミング機能を使い、ライブ動画広告を配信できます。イベント性の高い広告としてターゲットにアプローチできるほか、閲覧者とのリアルタイムなコミュニケーションもライブならでは。事前告知しておいて配信するのがオーソドックスな手法です。

ターゲティング

Twitter広告は詳細なターゲティングでピンポイントに広告を表示できます。
年齢層・性別・地域などの「特性ターゲティング」、ツイート内容・検索ワードに基づく「キーワードターゲティング」、また興味関心、フォロワーが似ているアカウントの絞り込みなど、ターゲットユーザーを明確化して臨めば費用対効果を意識した配信が可能です。

Twitter広告の仕組みと課金形式

仕組み

Twitter広告では、広告ごとに同じようなターゲティングを設定している競合との間でオークションが行われ、オークションに競り勝つことで掲載される仕組みになっています。
ただし、入札価格が高ければ必ずオークションに勝てるかというと、そうではありません。オークションで考慮される要素には、入札単価に加えて「品質スコア」があり、品質スコアは「共感度」「関連性」「リーセンシー(話題の新しさ)」から評価されます。

課金形式

Twitter広告の料金は、事前に設定した「ユーザーのアクション」ごとに費用が発生する仕組みになっています。課金形式は以下の6通りがあります。

  • クリック型:広告がクリックされると費用が発生
  • インプレッション型:広告が1,000回表示されるごとに費用が発生
  • エンゲージメント型:ユーザーが「いいね」や「リツイート」などアクションを起こすと費用が発生
  • フォロー型:フォロワーを一人獲得するごとに費用が発生
  • 動画視聴型:広告動画が再生されると費用が発生
  • アプリインストール/クリック型:アプリのインストールやアプリを起動するなどのアクションにより費用が発生

Twitter広告では、広告にかける「総予算」と「1日の上限予算金額」を設定できます。設定金額以上が課金されることはありません。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適なパートナーを
ご紹介します

無料相談はこちら

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら