無料相談はこちら

【Web広告】最適な広告代理店の選び方。そのポイントを解説

この記事をシェアする

Web広告の成果を改善したい、広告代理店の変更を検討しているという方へ。
選定に必要な情報、予算や目標がある程度決まれば、あとは肝心の代理店探しです。
より良い成果を上げるためにも、良い代理店に出会いたいですよね。

新たな広告代理店を探す場合、複数の代理店を候補に挙げて比較検討するのが一般的。
はじめから1社に絞ったアプローチは得策とは言えません。
代理店の選定を成功に導くためには、費用や得意な広告媒体、実績など選定基準として押さえておきたい項目があります。
特に優先順位の高いポイントについて解説しますので、参考にしてみてください。

ポイント①【費用】運用手数料の設定

広告費とは別に広告代理店に払う費用が運用手数料(運用代行手数料)です。月々にかかる費用ですから、選定の条件としてしっかり確認しましょう。
運用手数料については、広告費に対して決まった割合を請求する定率型を採用している代理店が多く、一般的に相場は「広告費用の20%」と言われています。
たとえば広告費が100万円であれば手数料は20万円。この20万円が代理店にとっての売上になります。多くの広告代理店がこの運用手数料の売上で事業を営んでいます。
(毎月同額の定額制や、成果報酬型を採用しているところもあります)

もちろんビジネスですので、設定価格の交渉をすることは可能です。
しかし値引き=代理店側の運用リソースを一部削ってしまうことですから、お互いにじゅうぶん納得していないと、運用時に思わぬしわ寄せが来る可能性も。手数料の交渉には注意が必要です。

同様に、複数の企業を比較検討する際にコストの低さだけで選ばないことにも留意しましょう。広告運用費用は安いに越したことはありません。しかし、それは「納得のいく広告運用を任せられる」という前提があってのことです。

ポイント②【費用】最低出稿金額の設定があるか

先ほど、代理店が設定している運用手数料には定率型が多いとご説明しました。
そのため代理店によっては、「ひと月あたり○○万円以上の広告を出してください」と、Web広告の種類ごとに最低出稿金額を設けている企業があります。
この最低出稿金額が予算とあわない場合は、別の代理店に依頼をしなくてはなりません。

それともう一つ。
最低出稿金額をクリアしていたとしても、想定する広告費用に近い場合は注意です。というのも、Web広告はある程度の期間を運用した後、施策を改善していく必要があります。
依頼時には最低出稿金額を満たしていても、改善策で予算の割り振りを変えた際に最低額を下回ったら……?
不確定要素がある場合は、事前に代理店に相談しておきましょう。

ポイント③【評価】運用実績の確認

一口にWeb広告といっても、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などその種類は多様です。広告代理店があなたの求める分野で実績があるか、得意な広告媒体や施策を確認しましょう。
Webサイトを持つ代理店であれば運用実績を紹介していることもありますが、どういった課題にどのような施策を打ったかといった具体的な部分は、直接聞いて初めてわかるケースが多いです。

また、あなたの会社にとって有望な代理店であるか簡単に見分けられる情報があります。
それは同業他社をクライアントに成果を出したことがあるかどうか。
成果を出していれば、あなたの会社にも成果が見込める可能性が高いと言えます。同業界のクライアントに対応した経験があるか、事前に確認することをおすすめします。

ポイント④【運用】管理画面を閲覧できるか

ビジネスとしてのお付き合いは信頼関係が基本。
運用する広告アカウントの管理画面を共有してもらえるかどうかは、信頼できる代理店かどうかの重要な判断材料の一つです。
適切な運用を進めていれば、管理画面の閲覧を拒む理由はないはずですよね。

また別の視点から考えると、管理画面で設定される情報はあなたにも必要な内容です。代理店は広告運用を代行してくれますが、より大きな成果を出すには自身で課題を洗い出したり改善策を検討したりといったことも欠かせません。
管理画面の閲覧権限付与については、ぜひ合意を取っておきましょう。

ポイント⑤【人材】運用担当者のスキル・業務

広告代理店選びでは、実際の運用をお願いする担当者がどういった人なのかも大切です。
担当者を知る上で押さえておきたいのが、「広告運用の経験・知識」と「担当クライアント数」です。1つずつ見ていきましょう。

Web広告運用の経験・知識

やはり、ある程度の経験や知識のある方が望ましいですよね。
あなたが依頼したい広告媒体について、(代理店全体ではなく)担当者自身の運用実績についても確認できれば安心です。

現在の担当クライアント数

実績が多いに越したことはありませんが、リアルタイムで担当しているクライアント数が多い場合は要注意かもしれません。
担当先を多く抱える忙しい担当者だと、連絡が取りにくかったり対応が鈍かったりする可能性があります。メールやチャットツールですぐに連絡を取れるか? 定例会の開催の可否は? など、運用担当者がPDCAをスピーディーに回せる環境にあるかどうかの確認もお忘れなく。

ポイント⑥【人材】運用担当者(または営業担当者)との相性

ここまで客観的な視点から条件を見てきましたが、もっとも大切とも言えるポイントを見極めるには、あなたの主観が必要です。
それが運用担当者、または運用担当者とあなたの橋渡し役となる営業担当者との相性です。
どんなに知名度の高い広告代理店であったとしても、結局のところ、実際の仕事は担当者の人柄や働きぶりによって大きく左右されます。

  • 成果アップのために共に働いていきたいと思えますか?
  • パートナーとして仕事を任せたいと思えますか?

もしあなたがいくつかの広告代理店を比較検討し、上記のポイント①~⑤までをクリアする企業が複数あった場合も、最終的な決め手となりうるのがこの点です。
相性は数値化、視覚化できないポイントですので、意識して選定に臨みましょう。

広告代理店の選定に、手間も時間もかけられない人へ

このページの冒頭で、新たな広告代理店を探す場合、複数の代理店を候補に挙げて検討するのが一般的だとお話ししました。
ですが自分で探そうとした場合、1つ1つの企業にこれまでご紹介したポイントを確認していくのはかなり面倒な作業です。
業務範囲が広く、やるべきことが多いマーケターの方にとって、打ち合わせに時間や手間をかけることは避けたいですよね。
でも「代理店選びで失敗したくない」というお気持ちはとてもよくわかります。

そこで株式会社イルグルムでは、代理店の選定に悩むマーケターの方に向けて、無料で広告代理店とマッチングの機会を創出できるサービス「アドフープ」を運営しています。

アドフープの特長は、手間も費用もゼロで貴社に適した広告代理店が見つかること。
ご相談受付からご紹介成立まで、コンサルタントがお手伝いします。

  • 求める条件をご共有いただければ、広告代理店の募集はお任せでOK
  • 候補代理店は300社以上
  • 基本的にコンペ形式での募集なので、より良い提案や条件が期待できます

アドフープのご利用は完全無料、しかも最短即日で貴社に最適な広告代理店が見つかります。
代理店を見つけるまでの流れなど、ご興味があればぜひ詳細をご覧ください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適な広告代理店を
ご紹介します

無料相談はこちら

03-6831-4545

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら