無料相談はこちら

【Web広告】LINE広告で何ができる? 機能から運用ノウハウ、成功事例まで

この記事をシェアする

2021年12月末時点で、月間アクティブユーザー約9,000万人を擁するSNSアプリ「LINE」。
LINE広告を使えば、アプリ内や提携メディアなど多様な広告配信が可能です。
すでにGoogle広告やFacebook広告などを運用しているWebマーケターの方の中にも、新たにLINE広告を配信先として検討している方も多いでしょう。
そこでLINE広告の運用について、配信面やターゲティング・配信機能といった概要、また成果を出すポイントやLINE広告による成功事例をご紹介します。

※ 参考:LINE for Business

LINE広告とは? その特徴をとらえる

LINE広告とは

LINE広告は、その出稿するための広告配信プラットフォームのことです。
「LINEビジネスID」、そして広告配信の管理用アカウント「広告アカウント」を作成することで広告配信が可能になります。

LINE広告の特徴

引用元:LINE for Business/LINE Business Guide_202201-06

1.アプリ利用ユーザーの多さ

LINE広告の最大の特徴であり、同時に最大のメリットと言えるのが、アプリを利用するユーザーの多さです。
LINEは日本最大級のユーザー数を誇るコミュニケーションアプリであり、月間アクティブユーザー数は約9,000万人。これは日本人口の約7割にあたり、年齢・性別を問わず幅広く利用されています。LINE広告では、その膨大な利用者の中から設定したターゲット層へリーチすることができるのです。
また、普段スマートフォンでSNSを使用しているユーザーを対象とした調査では、LINE・Twitter・Facebookを合わせたユーザーのうち、41.6%が「LINEのみ使用」と回答しています。他のSNSではリーチできないユーザーが多い点は、Web広告の出稿先として大きなメリットであると言えるでしょう。

※ 参考:LINE for Business

2.LINE広告のターゲティング・配信機能

Web広告を運用する上で欠かせないのがターゲティング。LINE広告は、豊富なターゲティング方法が用意されていることも大きな特徴です。
ターゲットとなるユーザーを細かく設定(指定または除外)し、配信対象と掛け合わせて配信できます。
※ 参考:LINE for Business

デモグラフィックデータ配信
性別・年齢・地域・OSのセグメントに加え、配偶者や子どもの有無といった「属性」、趣味嗜好に関する「興味・関心」などアプリ登録情報や行動データに基づいた見なし属性をベースに、詳細なターゲティング要素が用意されています。

オーディエンス配信
広告主が持つデータ(端末識別ID、メールアドレス、電話番号など)を利用し、対象となるユーザー(オーディエンス)に向けた広告配信が可能です。
このターゲティング機能を活用すれば、たとえば自社ECサイトで購入歴があるユーザーのみにLINE内でリターゲティング配信をしたり、新サービスの告知をしたりできます。

友だち追加
LINE広告の配信を通じ、LINE公式アカウントの友だちを獲得することができます。
ターゲティングを基に繋がるため関心度の高いユーザーの獲得が期待でき、またユーザーから友だち追加されるごとに課金されるシステムなので低コストで始められます。

LINE公式アカウントの友だちオーディエンス配信
LINE公式アカウントの友だちの中からさらにターゲット(オーディエンス)を絞り込み、その配信対象となるユーザーのみへの配信が可能です。
オーディエンスは「ブロックされていない」「ブロック中」の2種類が作成できるほか、未接触ユーザーへの広告配信を狙うための類似オーディエンスも作成できます。

類似配信
オーディエンスソース(広告主がアップロードした顧客データや、コンバージョン履歴といった行動データ)をベースに、それに似た行動を取っているユーザーに向けて広告を配信する手段です。オーディエンスソースを基にリーチする配信対象(オーディエンスサイズ)を設定します。
より広い対象へアプローチしたいときに、広告配信の分母を大きくする手法です。

リエンゲージメント配信
広告主側のアプリをインストールしたものの、休眠状態となっているユーザーに向けて広告を配信し、アプリの再起動を促します。
アプリ内における過去の行動に応じてターゲットを絞れるので、目的に応じた配信を実行することでより成果が期待できます。

自動最適化配信
機械学習により、自動で広告入札の最適化を実行できます。
目標となるCPA(顧客獲得単価)を設定すれば、あとは自動的に入札調整と配信ができるため、広告運用への工数が削減できる点がメリットです。

予約型広告
配信面や期間などがあらかじめ設定されている広告です。リアルタイムに調整できる運用型広告とは違い、配信後の調整はできません。
予約型広告には2種類あり、月に1回以上LINE VOOMの広告に接触するユーザーへ優先的に配信できる「リーチ&フリークエンシー」と、リーチ&フリークエンシーと合わせてユーザーを分類抽出し、ブランドリフト調査(ブランディングを目的としたWeb広告の成果を測ること)が実施できる「ブランドリフトサーベイ」があります。

3.LINE広告の配信面の多さ

LINE広告ではLINEアプリ内、またはさまざまなLINE関連サービス・提携メディアへの出稿が可能です。
その中から代表的な配信面をリストアップしました。

※ 参考:LINE for Business

トークリスト
LINEアプリ内でユーザーの表示回数が最も多いのがトーク一覧画面。その最上部エリアに広告を表示できます。
ユーザーにとって必ずと言っていいほど目に入る場所ですので、大規模なマーケティングに活用できます。

LINE NEWS
LINEアプリ内のニュースページのことです。LINEサービスの中でも利用者数が多く、月間アクティブユーザー数は約6,800万人以上(2019年7月時点)です。

LINE VOOM
主に動画コンテンツが表示される機能です。旧タイムライン機能に替わり、2021年より提供が始まりました。
外部サイト(自社サイト)への送客、ダイレクトレスポンス広告、アプリのダウンロード促進のアプローチができます。LINE NEWSと同程度に利用者数が多く、月間アクティブユーザー数は約6,800万人以上(2019年8月時点)です。

LINEマンガ
LINEが提供するスマートフォン向け電子コミックアプリです。
日本国内でのアプリダウンロード数は2,300万人を突破(2019年8月時点)。ユーザーの男女比は半々くらいで、15歳~20代のユーザーが約62%を占めます。

LINE BLOG
情報発信やコミュニケーションの場として提供されているブログサービスです。
タレントやアーティストなど著名人から一般人まで、多くのブロガーが利用しています。
ユーザーは男女比率約3:7で女性が多く、年代は20~40台が約79%を占めています。

LINEポイント
「友だち追加」「動画視聴」といった指定条件をクリアすることでポイントが付与されるサービスで、約3.2億回(2019年5~10月の平均値)の月間ページビューを誇ります。
ユーザーの男女比率は約3:7で女性の方が多く、年代は40~50代が約53%とやや高めの年齢層が特徴です。

LINEショッピング
アプリ上でファッションや雑貨、インテリア、コスメなど約250社から総数1億点以上の商品を購入できるサービスです。ユーザーの男女比は3:7で女性が多く、年代は20代後半~40代前半が約78%を占めます。

LINE広告ネットワーク
LINEおよびLINE関連サービスに加え、サードパーティーアプリを対象に含めた広告配信が可能です。ユーザーの年代層も幅広く、月間アクティブユーザー数は約5,400万人。(2019年9月時点)

LINE広告で成果を出す3つのポイント

ターゲット設定

「デモグラフィックデータ配信」でも紹介しましたが、LINE広告では地域・年齢・性別だけでなく、趣味・関心、過去の行動履歴に基づいて分類されたみなし属性など、セグメントから詳細なターゲティングが可能です。
自社のサービスや商材にマッチしたターゲット設定が大きなカギになります。

配信面の選択と、エリアに合わせたクリエイティブ

さまざまな配信面が用意されているLINE広告ですが、だからこそ配信先は意識して選ぶ必要があります。
広告を打ちたいサービスや商材と、相性の良い配信面を見極めていきましょう。

[たとえば]

  • LINEマンガ……エンタメ系が好き、または時間に余裕があるユーザーが多い
    =エンタメ系コンテンツの広告
  • LINEショッピング……ユーザー比率で女性が多い。購買意欲が高いユーザーが多い
    =コスメ、女性向け商材の広告
  • LINE NEWS……世間の動向に注目しているユーザーが多い
    =新発売や新着など新鮮な情報を届ける広告

また、掲載面に合わせたクリエイティブを作成することも、より高いクリック率やコンバージョン率を獲得するのに効果的です。配信面のスペース面積、縦横比を考慮し、ビジュアルと文字の視認性を上げる、文字量を厳選するなど工夫しましょう。

アカウント構造のツボを押さえる

LINE広告をより効果的に運用していくために、広告アカウントは施策実施後の効果検証を行いやすい構造にすることが大切です。
まず、LINE広告は以下の4階層で成り立っています。

広告アカウント > 配信目的別「キャンペーン」 > ターゲティング別「広告グループ」 > 広告

この中で、ターゲティングや配信先、入札価格を設定するのは「広告グループ」です。
悪い例として、1つのキャンペーンの中に、ターゲットとなるユーザーが部分的に重なる複数の広告グループを設定したとします。するとどうなるでしょうか?
せっかく広告を配信してもグループ同士が競合してしまい、CPA(顧客獲得単価)が跳ね上がるなど成果が上がりにくくなるケースが出てきてしまいます。
効果的な配信を叶えるためには、運用を続けながらPDCAを回し、広告グループの見直しや優先順位の検討を続けていきましょう。

LINE広告の成功事例をご紹介

株式会社ディー・エヌ・エー

https://www.linebiz.com/jp/case-study/dena/

「LINE広告」を活用し、最新機能をいち早く取り入れながら、独自の仮説を持って検証を繰り返すことで、アプリインストールの新規顧客の獲得および休眠顧客の復帰において効果を上げています。

株式会社ベネッセコーポレーション

https://www.linebiz.com/jp/case-study/benesse2/?field_case_category_goal_target_id=7451

LINE公式アカウントを運用する中、「友だち追加」施策で多くの友だちを獲得したが、友だち数の増加とともにブロック率も高まっていた。そこで、取得したLINEユーザーのデータを横断的に活用しターゲティング精度を高める「クロスターゲティング」を利用。友だち獲得単価は維持したまま、ブロック率を抑えることに成功した。

株式会社ミュゼプラチナム

https://www.linebiz.com/jp/case-study/musee/

2020年1月に行った新規顧客向けのキャンペーン告知にLINEが提供する動画広告「Talk Head View」を採用。同タイミングでLINE広告を併用して多くの新規顧客を獲得し、CPAを約40%抑制することに成功した。

LINE広告、SNS広告に実績のある広告代理店がすぐに見つかる

これからLINE広告を利用したいけれど、LINE広告の運用が得意な広告代理店を探す時間がない、探し方がわからないという方は「アドフープ」にご相談ください。

アドフープは、広告主と広告代理店のマッチング機会を無料で提供するサービスです。

ご要望をアドフープ上で公開するだけで、その要望を満たせる広告代理店から応募が来るので、探す手間なくマッチングすることが可能です!

LINE広告の運用が得意な代理店をお探しの方、まずは紹介資料をご覧ください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適な広告代理店を
ご紹介します

無料相談はこちら

03-6831-4545

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら