コンシェルジュに
相談する(無料)

代理店へのマージンの相場は?Web広告の代行運用、費用関連のワードも解説

この記事をシェアする

Web広告の運用を代理店に依頼しようと検討中の方の中には、費用の種類や相場に関する疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
「どんな費用が必要?」「相場はいくらくらい?」「よく聞くネットやグロス、マージンってどういう意味?」
この記事では、そんな疑問にお答えします。
費用・予算関係の話は、事前にきっちり確認しておかないとトラブルの元になりかねません。基本的なワードと、見積交渉の際に注意したい点をまとめました。

広告のための料金や代行の手数料、なんて呼ぶ?

WebマーケティングやWeb広告の業界にいると、費用や料金にまつわる頻出のキーワードがあります。正しい意味を把握しておきましょう。

Web広告にかかる費用について

改めて基本的なワードを確認しておきます。

広告費
実際に広告を出稿するための費用のことを意味します。

手数料
「運用手数料」とも言い、広告代理店に運用代行の作業料金として支払う費用のこと。
代理店の多くがこの手数料の売上で事業を営んでいます。

押さえておきたい「ネット」「グロス」「マージン」

よく耳にする用語にネット、グロス、マージンという言葉があります。特に代理店に運用代行を依頼する場合、これらの言葉が出てくる可能性がありますので、チェックしておきましょう。

ネット
広告費の原価そのもののことを指します。純粋に広告の出稿にかかる(広告の媒体社へ支払うための)費用で、ここに代理店への手数料は含まれません。
ちなみに、ネット(net)とは本来「正味」「純量」といった意味を持つ言葉です。

マージン
Web広告業界でのマージンとは、広告代理店に支払われる手数料(運用手数料)を意味します。代理店側からすると、クライアントから受け取る報酬のことですね。
マージン(margin)は、日本語だと「利ざや」や「売上総利益」という意味になります。

グロス
広告主からすると、最終的に代理店に支払う総額。つまり、ネットにマージンを加えた「広告を出稿する際にトータルでかかる費用」がグロスです。
グロス(gross)は、「総量」「総計」という意味です。

ネット(実際の広告費)+ マージン(代理店への手数料)=グロス(トータル費用)

……と理解しておけば大丈夫です。

「内掛け」と「外掛け」。見積ですれ違わないために

費用の見積・検討の際に注目しておきたいのが、提示される金額が「内掛け」と「外掛け」のどちらなのかという点です。
この2つは利益計算の基本としてよく出る言葉ですが、Web広告に置き換えて大まかに言うと、広告費と手数料から見積総額を考えるのが「内掛け」で、見積総額から広告費と手数料を考える計算が「外掛け」です。
下記の違いを確認しておきましょう。

  • 内掛け……広告費に手数料が含まれたもの
  • 外掛け……広告費に手数料を加えたもの

この認識が広告主と代理店の間ですれ違っていると、後にトラブルを招いてしまうことに。
たとえば、広告主が「(内掛けで)費用総額は100万円で依頼したい」と打診したとして、代理店が「(外掛けで)広告費用の上限が100万円なのだな」と認識してしまった場合、実際の代理店からの請求は「広告費用100万円+手数料」となるのです。これはお互いに困りますよね。
内掛けと外掛けについては、初期の見積の段階で確認しておきましょう。

広告費用、手数料の相場はどれくらいが妥当?

広告費用の相場

出稿先の媒体や施策の規模、数によっても変わりますし、また「この媒体に掲載するならこれくらい必要」とも一概には言えません。
実際のところ、どの程度の額の予算にするかは企業によってそれぞれです。
ただ、広告代理店との豊富なネットワークを持つ、私たち株式会社イルグルムからお伝えすると、代理店を探す広告主の多くが「ひと月あたりの広告費は100~500万円」を設定しており、中央値は約250万円です。

そして、Web広告にある程度の効果を感じる広告主は、その多くがひと月の広告費に100万円以上を割いています。代理店側も最低受注金額を100万円/月からと設定しているところが多く、ひと月50万円以下で請け負う会社は少数派。
やはりさまざまな施策にトライしていくためにも、広告費にはある程度のまとまった額を用意できるに越したことはありません。

手数料の相場

代理店の報酬となる月々の手数料は、一般的には「広告費用の20%」と言われています。
パーセンテージの差はあれ、手数料は広告費の一定の割合で設定している代理店が大多数。
ですが、中には毎月同額の固定金額制(定額制)や、成果報酬型を採用しているところも。

アドフープに加盟している代理店では、特にひと月の広告費用や25万円以下のケースだと、一律5万円と設定している傾向が見られます。

料金・手数料の交渉で気を付けたいこと

ここまで費用に関する用語や相場を解説してきましたが、あくまで一般的な説明であり、料金体系や用語のニュアンスは、会社によって異なる場合があります。
そこで、契約の検討や見積時に気を付けておきたいことをお伝えします。

あなたが広告主の立場なら

特に広告代理店の間では「ネット」「グロス」という表現を使用する機会が多いようで、広告主との会話でもこういった言葉が使用されるかもしれません。
あらかじめ理解していると「業界を理解している相手なのだな」と認識され、同じ目線で会話できるでしょう。
ただし、実際の見積の際にはネット・グロス・マージンといった言葉は避け、「出稿のための費用」「広告費と手数料の合計額」と正確に表現しておく方が間違いありません。もしもの行き違いを防げますよ。

あなたが代理店の立場なら

広告主との会話では、「ネット」や「グロス」といった表現の使用は控えることをおすすめします。
というのも、これらはどの業界でも通用するという一般的なものではありません。広告主が知らない場合、または「何となくニュアンスは知っている」という程度の場合に、誤解を生む可能性があるのです。
「配信金額の上限」や「手数料込みの請求の総額」など、明確で伝わりやすい表現を心がけると喜ばれます。

ちなみにアドフープでは、両者間のすれ違いを防ぐために、見積金額を外掛け提示(いわゆる「グロス」です)で統一しており、提示金額以上の請求は発生しない仕組みにしています。

大切な広告予算を有意義に使うために

ビジネスを進める上で、予算は言うまでもなく大切なもの。せっかく確保したWeb広告の予算は有意義に使いたいですよね。
そのためには、相性の良い、頼れる広告代理店を見つけることが不可欠です。
広告費をはじめ、さまざまな条件を指定して広告代理店を探せるのが、私たちイルグルムが提供する マーケティング特化型マッチングプラットフォーム「アドフープ」です。
広告主様のご利用は完全無料ですので、お気軽にご利用ください。

登録前にチェック

広告代理店一覧から、各代理店の料金体系や得意な業種、取り扱い媒体といった内容を事前にチェックできます。

ご登録後はさらに

ログインすれば、各代理店の運用体制やクリエイティブの制作体制、最低受注金額なども確認できます。
もし出稿媒体が決まっていなくても、与件に応じた提案を受けられますし、対応できる代理店さんしか集まらないので、煩雑な確認作業は不要。契約前に面談できるので、相性の善し悪しも判断できます。

運用代行を検討中の広告主の方、ぜひ一度代理店一覧をご覧ください。

会社情報実績、得意分野などが確認できる代理店一覧はこちら

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適なパートナーを
ご紹介します

無料相談はこちら

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介「完全無料」無料相談はこちら