無料相談はこちら

広告代理店とWeb制作会社の違い。業務依頼は分けるべきか、まとめるべきか?

この記事をシェアする

Web広告から効果の高いプロモーションを行うには、単に広告を出稿すれば良いというわけではありません。
最適な目標値の設定や運用データに基づいた施策の改善はもちろん、ターゲットの購買意欲を誘うバナーやランディングページ(LP)の制作も欠かせないものになってきます。
これらの業務をまとめて外部委託しようとした場合、候補に挙がるのが広告代理店、またはWeb制作会社ではないでしょうか。
この記事では両者の違いを整理し、Web広告を起点としたマーケティングを展開するにはどのような委託先を探せば良いのかについて解説します。最適な候補先を効率的に探す方法についてもご紹介していますので、ぜひご参考に。

広告代理店とWeb制作会社の違い

Web広告代理店:Web広告の運用を代行する会社

広告代理店は、広告の企画立案から運用代行を主軸としています。
Web広告であればリスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告など多岐にわたる種類がありますが、ある領域に特化した代理店もあれば、横断的な施策を得意とする代理店などその方向性はさまざま。
広告の運用代行を通してクライアントの目標を実現すべく、マーケティングにも精通しているため、集客アップを狙うためのSEOや商品の購買・資料請求といったコンバージョン獲得のためのコンテンツマーケティングも得意です。

社内にクリエイティブの制作部門を持っている代理店や、子会社やパートナーにWeb制作会社を抱えているところであれば、コンテンツ制作を依頼することもできます。

Web制作会社:Webサイトをつくる会社

Web制作会社は、Webサイトのデザインから制作、公開するまでの業務を主軸としています。
企業のホームページとなるコーポレートサイトや大規模なメディアサイト、アニメーションを使ったキャンペーンサイト、ECサイトの構築などを手がける他、クリエイティブ制作にも強いため、LP制作やWeb広告に必要なバナー、動画を得意とするところも。
また制作会社によっては、Webアプリ制作を行う企業や、広告代理店同様の広告運用業務を行う部署がある場合もあります。

このようにWeb領域における広告代理店と制作会社では、企業としての主領域は異なりますが、業務が交わる部分もあります。
特にWeb広告にまつわるLPやバナーの制作、改善は代理店も制作会社も多くが手がけているので、どちらに依頼してもそつなく対応してくれることでしょう。

運用代行が得意な広告代理店に制作も任せるメリット

前の章では広告代理店とWeb制作会社の違いを確認しました。広告運用なら代理店、Webサイトやクリエイティブ制作なら制作会社が強みを持っているということです。
では実際、Web広告の運用ありきでWebマーケティングを展開したいと考える企業が外注先を探す場合、それぞれの領域に分けて依頼先を探すのが良いのでしょうか?

答えは「ノー」です。

Web広告の運用から集客や売上を実現していくには、単に広告を出稿すれば良いわけではなく、さまざまなWeb広告の施策を試したり、遷移先となるLPやWebサイトを充実させていく必要があります。
その際に最も効率的な方法は、Webマーケティング全体を一つの枠組みとして動く体制。
おすすめは、Web広告の運用に加え、LPやバナーなどCV(コンバージョン)に近いタッチポイントまで統括できる広告代理店に任せることです。
主なメリットとしては以下の点が挙げられます。

広告代理店に広告運用+制作を依頼するメリット

  • 窓口が一元化される
  • CVを見越して動けるため施策全体が最適化される
  • データ解析が得意なためPDCAが速く、質の向上が期待できる
  • Webコンテンツや広告クリエイティブを点ではなく線で捉え改善できる
  • 業界、商材への理解が深い(状況やフェーズへの理解がある)

制作会社は制作におけるデザインやテクニカル面の専門集団ですが、集客や売上を上げるための制作という観点から見ると、データ解析やマーケティングに強い広告代理店が有利と言えます。
つまり、「Web広告の運用ありきでWebマーケティングを展開したいと考える企業が外注先を探す」というケースでは、「制作もできる広告代理店を探す」が正解なのです。

運用代行も制作もできる広告代理店、どうやって探す?

この記事にたどり着いた方の多くは「広告代理店」「Web制作」といったワードで検索してきたことでしょう。ということはきっと、Web広告の出稿ありきで、必要なWebサイトやクリエイティブの制作も外部に任せたいとお考えですよね。
そういった場合、ここまででお話しした通り、制作もできる広告代理店を探すことをおすすめします。

しかし、すべての広告代理店がWebコンテンツや広告クリエイティブまで任せられるかというと、そうではありません。代理店を探すにしても、1社ずつ「対応可能か?」と下調べするのは骨の折れる作業です。
そこでご紹介したいのが、私たちイルグルムが提供する広告主と広告代理店のマッチングサービス「アドフープ」。
アドフープなら、LP・バナー制作へのニーズをはじめ、さまざまな条件を指定して広告代理店を探せます。
広告主様の利用料は無料。予算や課題、依頼したいWeb広告種類といった条件・希望を提示すれば、対応可能な代理店側からエントリーが届く仕組みです。

アドフープの代理店募集は細かな条件設定が可能

こちらは、広告主様が代理店の募集をかける際に提示する案件詳細の一例です。
代理店に依頼したい広告施策や月額の予算、目標値といった内容に加え、「課題やご要望」「選定基準」の項目では、代理店に求める具体的な対応やレベルを記載できます。
上記サンプルでは「課題やご要望」の中段で「バナーやLPなど、クリエイティブ面の改善」を挙げており、このように明示しておけば解決に自信のある代理店からの立候補が期待できます。

こういった課題の整理が難しいという企業の方も、アドフープにお申し込みいただければコンサルタントがお手伝いしますのでご心配は無用。
基本的にコンペ形式での募集なので、より良い提案や条件が期待できます。

アドフープの「代理店一覧」はどなたでも閲覧OK

アドフープのWebサイトでは、加盟代理店を紹介する「代理店一覧」を設けており、会員登録なしでご覧いただけます。
制作対応可能な代理店を探す場合、取り扱い媒体のタグ検索で「LP・バナー制作」を指定するだけ。
さらに各代理店の紹介ページでは、企業規模や媒体表彰実績、成果報酬型手数料の可否など細かな条件も掲載。気になる代理店へそのままお問い合わせいただくことも可能ですし、複数の候補から比較検討したい場合は、ご登録後に募集をかけて提案を待つこともできます。
アドフープにご登録いただければ、候補探しから契約までの繁雑な作業をコンサルタントが全力でお手伝いしますのでお気軽にご相談ください。

まずは、代理店一覧でどういった企業が加盟しているのかをぜひご覧ください。

会社情報や実績得意分野などが確認できる代理店一覧はこちら

[PICK UP]制作体制が充実した広告代理店3社をご紹介

ソウルドアウト株式会社

中小・ベンチャー企業の成長をデジタル×マーケティングで支援。Web広告はもとよりリサーチ業務からLP・バナー制作、SEO施策までトータルに任せられる代理店です。サービスだけでなく、広告実績の詳細データをデイリーで確認できる独自データベースも広告主様から好評。Yahoo!やGoogle、LINEなどWeb広告の主要メディアから多くの実績を獲得しています。

「ソウルドアウト株式会社」の詳細をみる

株式会社デジタルアイデンティティ

日本で唯一のYahoo!広告審査認定パートナー(検索広告、ディスプレイ広告)を取得。Web広告だけでなくSEO、クリエイティブ制作(Webサイト、LP、バナー、動画)、マーケティングオートメーション(MA)など幅広い支援を強みとしています。広告用クリエイティブ改善を専門にする部署があり、LPは平均でCVR170%改善、動画などを活用したCPA改善事例も多数。下記の公開データでもLP改善による実績をご紹介しています。

「株式会社デジタルアイデンティティ」の詳細をみる

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

Webマーケティングで全米No.1の実績を持つBruce Clay Inc.の日本支社。集客からコンバージョンまで一貫したサービスを取り扱い、Webマーケティングの全体最適化をサポートする体制が整っています。戦略・流入・成約・分析など、各ステップにおける費用対効果を最大化するための施策提案を得意とし、特にSEOやインターネット広告を利用した集客周りの改善には定評があります。

「ブルースクレイ・ジャパン株式会社」の詳細をみる

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適な広告代理店を
ご紹介します

無料相談はこちら

03-6831-4545

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら