無料相談はこちら

【Web広告】運用における「インハウス運用」と「代理店運用」の違いは?

この記事をシェアする

これからWebで広告運用を始めようとお考えのマーケティング担当の方には、
「インハウスってよく聞くけど、代理店運用と何がどう違うの?」
そんな疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。
インハウス運用も代理店運用もそれぞれにメリットがあり、同時に留意しておきたい点も異なります。あなたの会社がどちらに向いているのか、違いを把握した上で判断しましょう。
今回の記事では「インハウス運用」と「代理店運用」の2種類について詳しく解説します。

そもそもインハウス運用、代理店運用とは?

まずは「インハウス運用」と「代理店運用」の違いを確認します。
簡単に言えば、Web広告の運用を自社でまかなうのがインハウス運用、外注するのが代理店運用です。

インハウス運用とは

社内の担当者がWeb広告にまつわる諸業務をすべて行う自社運用のこと。
外部(広告代理店など)とのやり取りがないのでマーケティングの計画から実施、検証、改善まですばやくPDCAを回すことができます。
広告代理店に支払う手数料(マージン)がかからないので、その分を広告予算にあてることも可能です。

代理店運用とは

Web広告の運用にまつわる諸業務を、広告代理店に外注すること。
プロに任せることで運用のスタート時から高い成果を期待できますし、最先端の知見を得ることができます。
運用のみを依頼する、または手厚いサポートを求めるなど、どの程度の業務を任せるかは費用や代理店との交渉で決定します。

インハウス運用と代理店運用はどちらが優れているというわけではなく、それぞれ一長一短。特徴を詳しく確認して、どちらの形態があなたの会社にマッチするかの判断材料にしてください。

インハウス運用におけるメリット・留意点

インハウス運用のメリット

スピーディな広告運用が可能

立案から出稿、成果の検証や改善まで、すべて社内で完結できるのがインハウス運用の大きな強み。広告代理店への外注の場合、担当者が他の案件で忙しいときには反応を待たなくてはいけないケースもありますが、インハウス運用ならその必要がありません。
迅速な配信やリスティング広告の入札価格の変更など、リアルタイム感のある施策が打てれば、その分成果も期待できます。

商材を理解した担当者による施策を打てる

当然ながら、広告の題材となる商品をいちばん深く理解しているのは会社の社員です。
それはつまり、商材の魅力や特長を引き出す力を持ち、ターゲット層への理解も深いということ。
インハウス運用なら、社内担当者だからこそ打ち出せる広告や会社独自のアプローチが期待できます。

Web広告運用のノウハウを社内で蓄積できる

広告代理店に任せると、運用のための労力が抑えられる一方、知識や技術は任せ気味になりがちです。社内で運用を続ければ、他者(他社)に依存することのないノウハウを蓄積していくことが可能です。

コストを抑えられる

一般的に、広告代理店へ支払う運用手数料の相場は「広告費用の20%」と言われています。
例えば広告費用が月500万円だと運用手数料は100万円。広告予算や規模によっては、インハウス運用の方がコストを抑えられます。
スキルのある人材を無理なく確保できるなら、インハウス運用のメリットは大きいでしょう。

インハウス運用で留意したいポイント

情報と技術のブラッシュアップが必要

Web広告の世界は新陳代謝が速く、新しいツールやトレンドは常に移り変わっています。
意識的に知識を更新し、他社事例を学び続けないと、せっかくのWeb広告が時代遅れな施策となってしまう恐れがあります。

社内リソースの確保は大丈夫?

インハウス運用は代理店への外注コストを削減できる一方、相応の人件費や社内体制の整備を要します。また、マーケティング経験者を新たに雇用した場合でも、しっかりとした運用体制を確立するには多少の時間がかかります。
組織やノウハウを育てていくリソースを確保できるかどうか、これは重要なポイント。
予算によっては代理店に任せる方が安く済むこともありますので、じゅうぶんに検討しましょう。

運用ノウハウの属人化に注意

インハウス運用の場合、1人または少人数で業務サイクルを担当するケースを多く見かけます。
もしスキルのある担当者に運用業務を依存していた場合、その人が休職・異動・退職などするとなると運用がストップしてしまう可能性も。そういった状況を回避するには、業務の標準化(マニュアル化)がマストであると言えます。

インハウス運用はこんな企業におすすめ

  • 広告運用のスキルを持つ人材を確保できる
  • スピード感のあるマーケティングに徹したい
  • 外注費と社内リソースを天秤にかけたとき、インハウス運用の方がコストが安く済む

広告代理店運用におけるメリット・留意点

広告代理店運用のメリット

広告運用のプロに任せられる

最大のメリットは、業界に精通した専門家のスキルに頼れること。
もしあなたがノウハウに疎くても、スタート時から効率の良いWeb広告運用を始められます。
あなたの会社と同業種で成功事例を持っていたり、気付いていなかった課題を発見してくれたり、プロ視点ならではの自社にマッチした提案が期待できます。

運用体制が整備されている

インハウス運用を始める際に高いハードルとなるのが、運用体制の確立。
代理店ならすでに整った運用体制があるので、レポート作成や情報収集など、インハウス運用では手が回りにくい部分まで細かくフォローしてもらえるのは頼もしい点です。

広告媒体のパートナー代理店ならさらに強みが

例えば、Google広告のGoogleパートナーとして認定を受けている代理店、またYahoo!広告でセールスパートナー契約を結んでいる代理店は、それぞれ広告媒体から代理店向けのサポート(限定ツールやセミナーなど)を受けています。
常に最新の情報を持っているだけでなく、インハウス運用では難しい施策も期待できます。

実績に基づいたナレッジを得られる

広告代理店の強みは知識と経験。パートナーとして共に課題を解決していく中で、代理店が蓄積したナレッジを共有してもらえることも代理店運用の大きなメリットです。
Web広告のPDCAを回す上であなた自身の強みにもなるでしょう。

広告代理店運用で留意したいポイント

運用手数料がかかる

インハウス運用の留意点でもふれましたが、一般的に、広告代理店へ支払う運用手数料の相場は「広告費用の20%」と言われています。
広告にかける費用が大きいほど代理店への支払いも高額になる、というわけですね。
例えば月間広告予算が300万円規模で運用手数料が約60万円だとすると……社内に専任スタッフを雇用することを検討してみてもよいかもしれません。

相性の良い代理店を見つけることが重要

あなたの会社が目指す理想のWeb広告運用が実現するかどうか。
これは代理店、さらに言えば運用担当者との相性に大きく左右されるため、「有名な広告代理店なら間違いない」とは言えないのが難しいところです。
ニーズに応えてくれるか、課題を共有して一緒に考えてくれるか。
広告代理店を探す際には、相性の良い代理店、運用担当者と出会うことが成功へのカギを握ります。

代理店運用はこんな企業におすすめ

  • 運用はプロに任せ、社員は他の業務に時間を割きたい
  • より早くWeb広告で成果を上げたい
  • 外注費と社内リソースを天秤にかけたとき、代理店運用の方がコストが安く済む

インハウス運用が難しいなら代理店に任せよう

ここまで広告のインハウス運用と代理店運用、2つの違いを解説しました。
実際、Web広告運用のための人材やチーム体制を確保することが難しい場合は、広告代理店に依頼することになるでしょう。
ですが「成果を最大化してくれる広告代理店の探し方」の記事でも解説した通り、広告代理店を探すのは意外と手間がかかる作業です。

そこで当社、株式会社イルグルムが提供する広告代理店の無料紹介サービス「アドフープ」をご紹介させてください。

アドフープを使えば、簡単なステップで貴社にマッチした広告代理店が見つかります。

広告代理店を見つけるまでの流れは、

ご登録 → マーケティング診断 → 課題整理 → アドフープ内で代理店を募集 → ご紹介 → ご契約

ご登録からご契約までコンサルタントがお手伝いし、貴社には手間をかけさせません。

  • 求める条件をご共有いただき、後は当社で広告代理店募集を展開
  • 候補代理店は300社以上
  • 基本的にコンペ形式での募集なので、より良い提案や条件が期待できる
  • 最短即日で貴社に最適な広告代理店が見つかる

広告主様のアドフープのご利用は完全無料。
すでにさまざまな業界、規模の企業様にご利用いただいているサービスです。
これまでの実績やご利用企業の特徴などはサービスの紹介ページにまとめました。
広告代理店探しをご検討の際には、ぜひ一度詳細をご覧ください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適な広告代理店を
ご紹介します

無料相談はこちら

03-6831-4545

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら