無料相談

Microsoft広告のおすすめ代理店をご紹介! 広告種類や配信メリット、代理店の選び方も解説

この記事をシェアする

マイクロソフト社が運営するWeb広告プラットフォーム「Microsoft広告」。
Microsoft広告の魅力は、なんといってもメイン配信先が世界的シェアを誇るマイクロソフト製品であるという点です。
またGoogle広告やYahoo!広告と比べて比較的新しい後発媒体のため、他にはない特徴も備えており、これまで接触できなかったユーザーへのアプローチも期待できます。
今回の記事では、Microsoft広告への出稿に興味をお持ちのマーケターの方に向けて、媒体の基礎知識から運用代行を外注するメリット・デメリット、代理店選びのポイント、そして運用代行におすすめの広告代理店まで詳しくご紹介します。

実力のあるパートナーを「アドフープ」が完全無料でご紹介します!
⇒お問い合わせ、ご相談はこちらから

目次

Microsoft広告の基礎知識

Microsoft広告(Microsoft Advertising)とは

Microsoft広告(Microsoft Advertising)とは、その名のとおりマイクロソフト社が運営するWeb広告媒体です。
日本では2022年5月に提供がスタートしたMicrosoft広告。従来、Web広告といえばGoogle広告やYahoo!広告が強いイメージでしたが、Microsoft広告は世界的シェアをもつマイクロソフト製品で配信されることもあり、早くも注目を集めています。

Microsoft広告の配信方法は大きく2種類

Microsoft広告には大きく分けて以下2種類の配信方法があり、それぞれ配信できる場所が異なります。

リスティング広告(検索連動型広告)

ユーザーが検索エンジンで検索を行った際、検索結果画面にキーワードに応じたWeb広告が表示されるWeb広告。Microsoft広告では、マイクロソフト社独自の検索エンジンである「Bing」に用意された広告枠にリスティング広告を表示できます。
目的を持って検索しているユーザー=顕在ニーズを持つユーザーにアプローチしやすいのが特徴。

ディスプレイ広告(オーディエンス広告)

「Microsoft Audience Network(マイクロソフト オーディエンス ネットワーク)」と呼ばれるMSN、Outlook、Microsoft Edgeなどのサイト上、またはスマホアプリの広告枠に表示されるWeb広告です。
認知拡大など、潜在層をはじめとする幅広いユーザーにアプローチする手法として活用されています。

Microsoft広告の主な配信面

マイクロソフト広告の主な配信先には、次のようなものがあります。

  • Microsoft Bing|マイクロソフト社が提供する検索エンジン
  • MSN|マイクロソフト社が運営するポータルサイト
  • Microsoft Edge|Windows10以降に標準搭載のWebブラウザ
  • Microsoft Outlook|マイクロソフト社が開発したメールソフト
  • その他、マイクロソフト社が提携するパートナーサイト

特にWindowsユーザーにとってはなじみ深いソフトやサービスが多く、Microsoft広告を活用すれば国内外を問わず多くのユーザーにアプローチすることが可能です。

Microsoft広告で配信するメリット

これまでGoogle広告やYahoo!広告でリスティング広告を出稿してきたマーケターの方々にも、Microsoft広告で配信するメリットが複数挙げられます。他のWeb広告媒体にはない、Microsoft広告ならではの特徴をご紹介します。

購買能力の高いユーザーに配信できる

Microsoft広告のサービスが開始した当時、マイクロソフト社はイベント講演において「Microsoft広告が抱える10億人以上のオーディエンスは、平均的なWebユーザーよりもオンラインで消費する可能性が15%高い」といった旨を発信しています。(※)
その理由として挙げているのが、コロナ禍をきっかけとした働き方の変化です。
在宅ワークによって以前よりもPC前で長時間過ごす人が増え、仕事とプライベートの境界があいまいになった結果、業務用PCでプライベートな用途(たとえばオンラインショッピングなど)に使用する人が増えたというのです。

※ 参考:Microsoft広告が日本で始動。トップが語る製品の魅力・投資戦略とは?

企業やビジネスPCユーザーにアプローチしやすい

日本企業ではPCに「Windows OS」を選択していることが多く、デフォルトで搭載されているMicrosoft EdgeやOutlookといったソフトウェア、また検索エンジンBingがそのまま活用されているケースが少なくありません。必然的に、会社からの支給PCを利用するユーザーはMicrosoft広告を目にする機会が増えることに。このことから、BtoCだけでなくBtoB商材でも高い成果が見込めます。

Google広告・Facebook広告の広告データをインポート可能

Microsoft広告には、Google広告・Facebook広告(Meta広告)の広告データをインポートする機能があります。
広告データとは、キャンペーン情報やターゲティングデータなどのこと。初期設定、アカウント構築といった繁雑なステップを大幅に省略できるので、すでにGoogle広告・Facebook広告で出稿されている方にもおすすめです。

広告表示オプション機能が豊富

Microsoft広告では、Google広告やYahoo!広告と同じく広告表示オプションが用意されています。その種類は豊富で、中にはGoogle広告やYahoo!広告にないオリジナルオプションも。
たとえば広告の横にCTA(行動喚起)ボタンを表示させる「アクション表示オプション」に、同じく広告の横に動画を表示できる「動画表示オプション」、遷移先に複数の商材が掲載されている場合に個別のリンクをリンクを表示させる「フィルターリンク表示オプション」があります。Microsoft広告はGoogle広告やYahoo!広告より後発媒体ということもあり、以前から存在するサービスに加え新サービスが備わっているのも一つの特徴です。

Microsoft広告の種類

ターゲットに向けて高い精度で配信するためにも、自社の商材にマッチする広告を選別することは重要です。ここでは、Microsoft広告で配信できる広告の主な種類について解説します。

レスポンシブ検索広告

あらかじめ登録した最大15個の「見出し」と最大4個の「説明文」から、自動で組み合わせされた広告が表示されます。機械学習によって最もパフォーマンスの高い組み合わせが自動で表示されるようになるため、広告のコストパフォーマンス向上が期待できます。

動的検索広告

ユーザーの検索行動に基づき、商材に興味を持つ見込みが高いと考えられるユーザーに対して、自動で広告が作成・配信されます。見込みの低いターゲットには配信されないため、クリック率アップを狙うのにおすすめの配信方法です。

Microsoft オーディエンス広告

Google広告、Yahoo!広告でいうところの「ディスプレイ広告」です。MSN、Outlook、Microsoft Edgeなどマイクロソフト社の主要サイトと、その他のパートナーサイトを含む「Microsoft Audience Network」の広告枠に配信されます。

マルチメディア広告

メインラインとサイドバーの目立つ位置に表示される広告です。大きな画像付きで表示されるため視覚的アピール度が高く、ブランドや商品を紹介すれば、潜在的ニーズを持つユーザーの注目を集めることができます。

バーティカル広告

特定の商品・業種に特化したフィード広告です。フィード広告とは、広告主が保有する商品データを利用して配信する手法のことで、特定のフォーマットに合わせ、商品名、商品画像、価格、在庫状況などを含む広告が自動で生成、表示されます。
2024年1月現在、対応するカテゴリーは限られていますが、今後、対象カテゴリーは増えていく見込みです。

アプリインストール広告(※日本では未対応)

アプリのダウンロードを促すことができます。広告をクリックしたユーザーは、アプリをダウンロードするためのストアに直接案内されます。

Microsoft広告でWeb集客。始めるなら自社運用? 広告代理店に外注?

インハウス運用と代理店の運用代行のメリット・デメリット

これからMicrosoft広告を始めようとお考えの企業さんがまず考えるべきこと。
それは、インハウス運用(自社で運用すること)か、広告代理店など外注業者に運用代行を依頼するかということです。それぞれのメリット・デメリットを簡単に見てみましょう。

インハウス運用する場合

〈メリット〉

  • 運用代行の手数料がかからない
  • 広告運用のノウハウを社内に蓄積できる
  • PDCAを回す速度が速い
  • 商材を理解した担当者が運用できる

〈留意点〉

  • 業務が属人化しやすい
  • 自社リソースを恒常的に確保しなくてはならない
  • プロに依頼するよりもパフォーマンスが落ちることがある
  • 媒体の最新情報を常に把握しておく必要がある

広告代理店に外注する場合

〈メリット〉

  • Microsoft広告のノウハウがなくても始められる
  • 勝ちパターンを知るプロのスキルで高い成果が狙える
  • 自社スタッフの作業負担を抑え、コアな業務に専念できる
  • 他のWeb広告やSNS広告と掛け合わせた横断的な施策が期待できる
  • 業界・媒体の最新情報を共有してもらえる

〈留意点〉

  • 運用代行の手数料が必要
  • 社内にノウハウが蓄積しにくい
  • 相性の良い代理店を選ばないと、意思疎通がうまくいかない場合も

自社にノウハウがない/自社運用で不満足なら「外注」の検討を

インハウスは、自社内で運用体制さえしっかり構築できれば、コストを抑えながら運用ができるので大きなメリットを享受できます。ただ、すぐに人材を育成・確保することが困難な場合やノウハウがない、すでにインハウス運用しているが成果がいまいち……といった場合は、広告代理店が持つプロのスキルに頼るのがおすすめ。
広告出稿にまつわる繁雑な作業を任せられるうえ、費用対効果の高い成果が期待できます。

失敗しない! 相性の良い広告代理店を選ぶポイント6つ

広告運用やWebマーケティングを任せる上では、Microsoft広告に関する知見はもちろん、他にも気を付けたいポイントがあります。

代理店を選ぶポイント①同業種・業界の実績が豊富な代理店か

代理店には得意な業種、得意な広告媒体があります。あなたの会社と同じ業界・業種で成功実績のある代理店なら安心ですね。Web広告の知見に加えて業界ならではの事情を加味した上で効果的な提案が期待できます。

代理店を選ぶポイント②運用手数料の設定は?

Web系の広告代理店では運用手数料を定率型で設定しているところが多く、相場は20%です。代理店の運営方針やプロジェクト規模によってはパーセンテージが異なったり、初期費用、オプション料金が発生したりするので確認しましょう。

代理店を選ぶポイント③最低出稿金額の有無

広告代理店の中には、出稿金額や契約期間に条件を設定している企業があります。
自社の予算、条件に合致するかチェックしましょう。不確定要素がある場合は契約前に相談を。

代理店を選ぶポイント④複数の手法を掛け合わせたWeb施策は可能?

広告代理店には、特定の広告運用に特化した代理店もあれば、マーケティング全般への支援を強みにしているところもあります。「特定の施策を任せたい」という限定的な方針でなければ、マーケティング全体の支援を期待できる代理店がおすすめです。

代理店を選ぶポイント⑤担当者に業界・業種の知見があるか

①でお伝えした代理店の実績に加え、運用担当者が業界に明るいかどうかも重要。
実際の成果は運用担当者の人柄や働きぶりによって大きく左右されるため、必ず確認したいポイントです。

代理店を選ぶポイント⑥担当者とあなたの相性は?

円滑な運用のためには、運用担当者、もしくは窓口役を務める営業担当者との「相性」も重要です。相性は、私たちアドフープが広告主と代理店のマッチングをサポートする際に必ずアドバイスする項目の一つ。可能であれば契約前に面談の機会を設けましょう。

[レビュー高評価]Microsoft広告の運用代行おすすめ代理店

実力のある広告代理店を完全無料でご紹介する、ビジネスマッチングプラットフォーム「アドフープ」。今回はアドフープに加盟中の代理店から、リスティング広告運用の実績が豊富で、なおかつ広告主様からのレビューが高いおすすめ代理店をご紹介します。
ピンとくる代理店があれば、お問い合わせやご相談お待ちしています!

株式会社Five(ファイブ)

株式会社Five

株式会社Five(ファイブ)の強み・特徴

月額10万円から広告運用をスタートできる広告代理店です。少数精鋭という強みを活かし、どこよりもスピーディーかつ柔軟な対応が可能です。広告やLP制作などの制作業務から広告の運用分析までのプロモーション業務を一気通貫で支援し、クライアント様の集客成功に向けて併走します。得意業種はBtoBリード獲得、店舗集客(サロン・ジムなど)、インストラクター資格講座のリード獲得、美容、教育(大学など)、エンタメ(Bリーグ・音楽フェスなど)、その他LP制作や広告運用の実績が多数ございます。

「株式会社Five(ファイブ)」の詳細をみる

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

ブルースクレイ・ジャパン株式会社の強み・特徴

Webマーケティングで全米No.1の実績を持つBruce Clay Inc.の日本支社。SEOやインターネット広告を利用した集客周りの改善を得意とし、Web収益の改善を中心に置いた戦略設計に定評があります。集客からコンバージョンまで一貫したサービスを取り扱っていることで、顧客の幅広い悩みに対応できるのが強み。広告運用、クリエイティブ、SEOコンサルタントなどの部分最適化サービスから、全体最適化をサポートするコンサルティングサービスまで相談可能です。

「ブルースクレイ・ジャパン株式会社」の詳細をみる

株式会社イーエムネットジャパン

株式会社イーエムネットジャパン

株式会社イーエムネットジャパンの強み・特徴

運用型広告に強い代理店として、業界問わず数千社の実績を持つ広告代理店です。担当者専任制を基本とし、そのスタッフ全員がWeb広告媒体の認定試験の合格者。2021年にソフトバンク(株)のグループ会社となり、Yahoo!やLINEの膨大なデータを活用した分析・運用の取り組みを展開中です。Yahoo!やGoogle、Twitterなど各広告媒体のセールスパートナー認定を取得済み。社内にバナー、LP、動画の制作部隊があり、精度の高い広告クリエイティブで戦略立案から成果最大化に向けたPDCAをシームレスに実現している点も心強い。

「株式会社イーエムネットジャパン」の詳細をみる

株式会社メディアハウスホールディングス

株式会社メディアハウスホールディングス

株式会社メディアハウスホールディングスの強み・特徴

最大の特徴は「運用特化型代理店」であること。全国の中小企業を支援し実績は700社以上、既存顧客の継続率は約97%を誇ります。高い顧客満足度を支えるのは、幅広い業種をカバーする業種別の管理体制。BtoBサービスや求人、士業、各種ECなど各業界の広告運用に精通した専門チームに代行を任せられます。下記の公開データでは、リスティング広告とSNS広告・動画広告などを掛け合わせた事例を複数掲載中。

「株式会社メディアハウスホールディングス」の詳細をみる

株式会社ゲシェル

株式会社ゲシェル

株式会社ゲシェルの強み・特徴

ベンチャー企業ながら、大手企業の支援実績を多数持つ実力派代理店です。各クライアント様に専属コンサルタントが付き、提案から広告運用、レポーティングまですべてを担当。営業担当を挟まない密なやり取りで、スピーディかつ柔軟な対応体制を維持します。日本国内のみならず海外向けWeb広告も得意。オープンイノベーションや海外の新技術を積極的に活用する統合型の支援体制で、広告運用に加え、新市場開拓のリサーチや戦略策定などデジタルマーケティング全般を相談できます。

「株式会社ゲシェル」の詳細をみる

株式会社AViC(エイビック)

株式会社AViC

株式会社AViC(エイビック)の強み・特徴

大手ネット専業代理店の出身者を中心に、2018年に設立。2022年に東証グロース市場へ上場したデジタルマーケティング企業です。運用型広告の支援事業、SEO対策支援事業を展開しており、いずれのサービスクオリティも顧客から高い評価を得ています。特に運用型広告の支援事業においては、各媒体への深い理解と、国内広告費の上位企業に対する豊富な支援実績、特定分野にとらわれず「ダイレクト」「SEO」「ブランド」「APP」領域まで提供できる質の高いサービスが強み。特に運用型広告の支援事業では、ヒアリングから戦略設計、運用、広告効果の測定・最適化まで課題やご予算に応じて最適なプランをご提案が可能です。

「株式会社AViC(エイビック)」の詳細をみる

株式会社アサーティブ

株式会社アサーティブ

株式会社アサーティブの強み・特徴

Webプロモーションの“伴走サポーター”として、広告運用×コンテンツ制作の両面から集客の仕組みづくりを支援。少額ご予算からスタートできるWeb広告代理店です。
強みの一つに取り扱い媒体の豊富さがあり、幅広い中から目的に合わせた提案が受けられます。また目的達成に向けた競合状況調査、コンテンツ改善にも力を入れており、クリエイティブ制作も依頼可能。成果にこだわった取り組みで、広告の効果を最適化します。ヒートマップツールやWeb接客ツールなど、自社開発ツールを無料で提供しています点も好評。

「株式会社アサーティブ」の詳細をみる

株式会社ディーアンドエム

株式会社ディーアンドエム

株式会社ディーアンドエムの強み・特徴

クライアント様の継続的な売上・利益拡大に向けたマーケティング活動を一緒に歩むためのソリューションを提供。「消費者視点でのマーケティングこそが、売れる&勝つためのブランド戦略・プロモーションの本質である」という信念のもと、消費者が潜在的に抱える課題をどのように把握し、どんな強みでアプローチするかなど『売れるコンセプト』づくりの企画立案からサポートしています。強みは、圧倒的規模のアンケートアドネットワークとDMPです。約40メディア・800万人から2,000項目以上の属性データをアンケートで取得。そのデータをもとに構築したDMPを活用することで、消費者の意見や行動データを軸にした広告、デジタルマーケティング施策、CRM施策、効果測定を可能にしています。

「株式会社ディーアンドエム」の詳細をみる

失敗しない代理店選びなら「アドフープ」にお任せください!

広告主様は完全無料。ビジネスマッチングサービス「アドフープ」

今回ご紹介したMicrosoft広告のみならず、Webマーケティング施策を外注する際に重要なのは、なんといってもパートナー選びです。
そのパートナー選びを成功させる重要ポイントについてご存じでしょうか?

〈パートナー選びの重要ポイント〉

  • 提示する課題、要望が適切に整理されていること
  • 複数の提案を受け、比較検討して選ぶこと
  • 担当者の実績情報や第三者の評価を参考にすること

この3つをしっかり押さえることで、あなたの会社にとって相性の良いベストパートナーが見つかります。
ただ、自力で複数の企業に問い合わせ、条件にマッチするか確認するのは多大な労力を要しますよね。そこでご紹介したいのが、私たちイルグルムが提供する「アドフープ」です。

担当コンシェルジュがパートナー探しを徹底サポート!

パートナー探しに時間も労力もかけられない。そんな企業様もご安心ください。アドフープはWebマーケティング領域に特化したマッチングプラットフォーム。パートナー選びの重要ポイント3つを標準機能でご提供しており、これまで幅広いご予算/業種に対応したマッチングを実現してきました。
要望や条件を登録するだけで、貴社にベストなパートナーと「無料で」マッチングできます。
ご登録から契約までコンシェルジュがお手伝いし、広告代理店の選定に手間も時間もかけさせません。

ご登録前でもチェックできる「広告代理店一覧」

登録しなくてもご覧いただける加盟代理店の一覧では、各社の会社情報や成功事例、広告媒体からの認定・表彰実績を掲載。
気になる代理店があれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。

会社情報や実績、得意分野などが確認できる代理店一覧はこちら

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが実力のあるマーケティング
パートナーをご紹介します

まずはコンシェルジュに相談

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

03-3289-5051平日10:00-18:00(土日祝除く)