無料相談

TikTok広告のおすすめ代理店をご紹介! 広告種類や費用、外注先探しのポイントも解説

この記事をシェアする

若い世代を中心に人気に火がつき、今や幅広い世代のユーザーが利用するSNS「TikTok」。ユーザー数が増えるにしたがい、広告媒体として注目する企業も増えてきました。
そこで今回は、TikTok広告の出稿・運用を検討する際に知っておきたい基本的な情報と、外注する際のポイントを解説。さらに後半では、おすすめ広告代理店を一挙ご紹介します。

「TikTok広告の種類や費用について知りたい」「TikTok広告の出稿を検討しているけれど、代理店の選び方がわからない」といった方、ぜひ参考にしてください。

目次

TikTok広告とは? 概要と特徴について

TikTok広告とは

TikTok広告とは、短尺の動画投稿に特化したSNS「TikTok」に出稿できる広告のことです。アプリの起動画面やコンテンツ視聴ページ、バナーなどに広告を表示できます。
一般ユーザーの投稿と同じように表示される広告メニューが豊富で、ユーザーに受け入れられやすいのがポイント。TikTok広告は多くの費用をかけたからといって成功するとは限らず、低コストでも質の高い広告を出稿できれば、広く拡散されて高い効果が生まれます。

TikTok広告の特徴

アプリが幅広い世代で利用されている

TikTokといえば、少し前までは「10代・20代の若い世代が使っているSNS」「ダンス動画が多い」といったイメージがありました。
ですが今は料理や音楽、ファッションなど多様なジャンルの投稿でにぎわい、利用するユーザーの幅も広がっていて、特に30代・40代のユーザーが増加。老若男女、多くのユーザーにアプローチが可能です。

UGCによる拡散効果を狙える

UGCとは「User Generated Content」の略で、ユーザー自身によって制作・発信されるコンテンツを指します。他のSNSで例えると、Instagramで旅行の様子をストーリーズにアップする、X(旧Twitter)で購入したコスメのレビューを投稿するなどがあります。
TikTok広告ではユーザー参加型の「ハッシュタグチャレンジ広告」というものがあり(詳細は後述)、ユーザーに特定のハッシュタグを付けた投稿を促すことでUGCが起こりやすくなっています。多くのユーザーのUGCを喚起できれば、それだけ拡散効果が期待できます。

広告自体をコンテンツとして利用できる

TikTok広告では、広告動画が一般ユーザーの投稿と同じように表示され、広告にもいいねやコメントがついたり、シェアされたりします。そのため、広告自体をユーザーの興味を引くコンテンツとして提供できれば、ブランド認知拡大、商品売上アップに大きく貢献します。

TikTokで広告を配信するメリット3つ

TikTok公式が発表している情報をもとに、TikTok広告のメリットを解説します。(※)

メリット①広告なのに、スキップされにくい

公式の調査によると、TikTokを集中して視聴しているユーザーは全体の46%で「ながら見」の割合が低い傾向にあります。またTikTok広告は、動画がユーザーのおすすめ欄に配信され、前述のように広告っぽさが薄いのが大きな特徴。
ユーザーもショート動画であることが分かっているので、オーガニックコンテンツのように受け入れられやすく、視聴されるケースが多いのは大きなメリットです。

メリット②無料ツールで簡単に動画広告を作成

TikTok広告では無料のクリエイティブツールがあり、動画テンプレートや音源が豊富に用意されています。TikTok広告やWeb広告が初めてでも、クリエイティブ制作がしやすい環境です。

メリット③簡単セットアップで、効果的に広告を配信

設定や運用の専門的な知識がなくても大丈夫。TikTok広告は簡単ステップで設定でき、広告効果の最適化はシステムにおまかせ可能です。公式情報によると、実際に80%の広告主が自動最適化設定を選んでいます。

※ 参考:TikTok for Business

TikTok広告の主な種類と費用

起動画面広告[想定費用:1日あたり500万円程度]

起動画面広告は、TikTokアプリを開いたときに表示される広告です。表示する広告は画像・GIF画像・GIFアニメーションから選択が可能で音声はナシ。
全画面に表示されるので、短期間でより多くのユーザーにアプローチできます。ただ、起動画面広告はの枠は1日1社に限定されていて、競争率が高く広告費用も高額になる傾向があります。

インフィード広告[想定費用:1日あたり42万円~]

インフィード広告は、TikTok視聴ページのおすすめ欄に表示される動画形式の広告です。
通常の投稿動画と同じように5~15秒の動画として並び、いいねやシェア、コメントがつくのも通常の投稿と同じ。そのため、広告っぽさを抑えてユーザーにアプローチすることが可能です。
TikTok広告の中でも費用相場が比較的低単価から始められるので、少ない費用でスタートしたい場合におすすめ。

ブランドエフェクト広告[想定費用:380万円~]

ARなどの高度なテクノロジーを使って、企業が用意したオリジナルエフェクトの体験をユーザーに提供する形式の広告です。
たとえば新作メイクのトライアルを画面上で疑似体験したり、ブランドの世界観を共有したりといった用途で活用できます。

ハッシュタグチャレンジ広告[想定費用:1,000万円~]

「ハッシュタグチャレンジ」とは、TikTokならではのユニークな文化。TikTokがお題となるハッシュタグを用意し、ユーザーがテーマに沿った動画にハッシュタグを添えて投稿するユーザー参加型コンテンツです。
ハッシュタグチャレンジ広告は、このハッシュタグチャレンジを活用するもの。企業が特定のハッシュタグを打ち出し、ユーザーに投稿を促して投稿された動画が広告として表示されます。ユーザーが内容がバズれば高い費用対効果を発揮。またユーザー投稿型のため、広告っぽさがより薄い点も特長です。

ブランドオークション広告[想定費用:予算に合わせて設定可能]

TikTokにおけるブランドオークション広告とは、いわゆる一般的な運用型のWeb広告の形式で出稿する広告です。
掲載期間や配信期間を自由に設定でき、配信中にクリエイティブや予算、ターゲットの設定を修正・調整することが可能。配信の柔軟性が高いので、成果を見ながら広告の質を上げ、ユーザーにアプローチしたいと考える企業におすすめです。
広告料金は入札によって決定され、他の種類の広告に比べて比較的低コストでスタートできます。

TikTok広告を始めるなら、自社で運用? 広告代理店に外注?

インハウス運用と代理店の運用代行のメリット・デメリット

これからTikTok広告を始めようとお考えの企業さんがまず考えるべきこと。
それは、インハウス運用(自社で運用すること)か、広告代理店など外注業者に運用代行を依頼するかということです。それぞれのメリット・デメリットを簡単に見てみましょう。

インハウス運用する場合

〈メリット〉

  • 運用代行の手数料がかからない
  • 広告運用のノウハウを社内に蓄積できる
  • PDCAを回す速度が速い
  • 商材を理解した担当者が運用できる

〈留意点〉

  • 業務が属人化しやすい
  • 自社リソースを恒常的に確保しなくてはならない
  • プロに依頼するよりもパフォーマンスが落ちることがある
  • 媒体の最新情報を常に把握しておく必要がある

広告代理店に外注する場合

〈メリット〉

  • TikTok広告のノウハウがなくても始められる
  • 勝ちパターンを知るプロのスキルで高い成果が狙える
  • 自社スタッフの作業負担を抑え、コアな業務に専念できる
  • 他のSNS広告やWeb広告と掛け合わせた横断的な施策が期待できる
  • 業界・媒体の最新情報を共有してもらえる

〈留意点〉

  • 運用代行の手数料が必要
  • 社内にノウハウが蓄積しにくい
  • 相性の良い代理店を選ばないと、意思疎通がうまくいかない場合も

自社にノウハウがない/自社運用で不満足なら「外注」の検討を

インハウスは、自社内で運用体制さえしっかり構築できれば、コストを抑えながら運用ができるので大きなメリットを享受できます。ただ、すぐに人材を育成・確保することが困難な場合やノウハウがない、すでにインハウス運用しているが成果がいまいち……といった場合は、広告代理店が持つプロのスキルに頼るのがおすすめ。
広告出稿にまつわる繁雑な作業を任せられるうえ、費用対効果の高い成果が期待できます。

TikTok広告の広告代理店選びで重要な「6つ」のポイント

代理店を選ぶポイント①TikTok広告で同業種・業界の実績が豊富か

代理店には得意な業種、得意な広告媒体があります。TikTok広告や動画形式の広告運用において、あなたの会社と同じ業界・業種で成功実績のある代理店なら安心ですね。Web広告の知見に加えて業界ならではの事情を加味した上で効果的な提案が期待できます。

代理店を選ぶポイント②運用手数料の設定は?

Web系の広告代理店では運用手数料を定率型で設定しているところが多く、相場は20%です。代理店の運営方針やプロジェクト規模によってはパーセンテージが異なったり、初期費用、オプション料金が発生したりするので確認しましょう。

代理店を選ぶポイント③最低出稿金額の有無

広告代理店の中には、出稿金額や契約期間に条件を設定している企業があります。
自社の予算、条件に合致するかチェックしましょう。不確定要素がある場合は契約前に相談を。

代理店を選ぶポイント④複数の広告手法によるWeb施策は可能?

広告代理店には、特定の広告運用に特化した代理店もあれば、マーケティング全般への支援を強みにしているところもあります。「特定の施策を任せたい」という限定的な方針でなければ、マーケティング全体の支援を期待できる代理店がおすすめです。

代理店を選ぶポイント⑤担当者に業界・業種の知見があるか

①でお伝えした代理店の実績に加え、運用担当者が業界に明るいかどうかも重要。
実際の成果は運用担当者の人柄や働きぶりによって大きく左右されるため、必ず確認したいポイントです。

代理店を選ぶポイント⑥担当者とあなたの相性は?

円滑な運用のためには、運用担当者、もしくは窓口役を務める営業担当者との「相性」も重要です。相性は、私たちアドフープが広告主と代理店のマッチングをサポートする際に必ずアドバイスする項目の一つ。可能であれば契約前に面談の機会を設けましょう。

[実績豊富]動画広告に強い! おすすめ広告代理店14社

実力のある広告代理店が多数加盟する「アドフープ」から、TikTok広告をはじめとする動画広告の制作・運用に強い企業をご紹介!
アドフープは、実力のある広告代理店を完全無料でマッチングが可能なサービスです。ピンとくる代理店があれば、お問い合わせやご相談お待ちしています。

GMO NIKKO(ジーエムオーニッコウ)株式会社

GMO NIKKO株式会社

GMO NIKKO(ジーエムオーニッコウ)株式会社の強み・特徴

Web広告業界では老舗といえる創業1992年。これまで多種多様な業界でのWebマーケティング支援を行ってきた、GMOインターネットグループで唯一のデジタルエージェンシーです。キャンペーンなどの認知企画から運用型Web広告、アフィリエイトのような獲得型施策まで幅広く対応。アフィリエイト広告領域においては、同社が大手ASP4社と共同開発した統合管理型プラットフォーム「TRUEアフィリエイト byGMO」の提供を受けることができます。

「GMO NIKKO(ジーエムオーニッコウ)株式会社」の詳細をみる

株式会社デジタルアイデンティティ

株式会社デジタルアイデンティティの強み・特徴

日本で唯一のYahoo!広告審査認定パートナー(検索広告、ディスプレイ広告)を取得。Web広告だけでなくSEO、クリエイティブ制作(Webサイト、LP、バナー、動画)、マーケティングオートメーション(MA)など幅広い支援を強みとしています。広告用クリエイティブ改善を専門にする部署があり、LPは平均でCVR170%改善、動画などを活用したCPA改善事例も多数。

「株式会社デジタルアイデンティティ」の詳細をみる

株式会社フルスピード

株式会社フルスピード

株式会社フルスピードの強み・特徴

顧客の戦略パートナーとして、デジタル領域における幅広いWebマーケティングソリューションを提供。AIとビッグデータ連携による最先端技術を用いたアドテクノロジー事業にも注力しています。得意な業種はコスメ・化粧品、建設・不動産、金融など。一歩踏み込んだフルファネル戦略により、広告コストを前年比91%削減、有効反響数103%、顧客単価131%を達成した実績あり。主要SNSではTikTok、Twitter、Instagram、YouTube、LINEなど複数のSNSについて横断的な運用も任せられます。

「株式会社フルスピード」の詳細をみる

株式会社メディックス

株式会社メディックスの強み・特徴

インターネット広告代理店として35年以上の実績を誇ります。強みはデジタルマーケティング全体を一貫してプランニングすること。総合的知識を有するプランナーと専門領域を担当するエキスパートスタッフが連携する業界特化型の組織体制で、広告主様の本質的な課題から改善に当たります。Google Premier PartnerやYahoo!セールスパートナープログラム「4つ星」認定、他にもFacebook、LINEなど主要媒体から多数の認定を受けており、横断的な骨太の支援が期待できます。

「株式会社メディックス」の詳細をみる

株式会社ADrim(アドリム)

株式会社ADrim

株式会社ADrim(アドリム)の強み・特徴

企画から運用まで、最適なマーケティング施策をワンストップで支援。クライアント様のWebプロモーションを包括的にサポートするマーケティング企業です。現在デジタルマーケティング事業、ADソリューション事業、プラットフォーム事業の3つ事業を展開中。戦略策定からデータ解析や広告運用まで、あらゆる領域において専門家が一体となってお客様の課題解決を成功へ導きます。

「株式会社ADrim(アドリム)」の詳細をみる

株式会社CyberACE(サイバーエース)

株式会社CyberACE(サイバーエース)の強み・特徴

Web広告の国内売上高No.1を誇るサイバーエージェントグループの100%戦略子会社。同社では最適な広告配信とクリエイティブ運用のため、メディアごとに異なるアルゴリズムに適した運用ノウハウ・オペレーション体制を持ち、さらにAIによるクリエイティブの事前効果予測などアドテクノロジーの活用を得意としています。強みは広告運用力とクリエイティブ制作力。手厚いフォローで費用対効果の高い効率的な広告運用が期待できます。

「株式会社CyberACE(サイバーエース)」の詳細をみる

株式会社メディアハウスホールディングス

株式会社メディアハウスホールディングスの強み・特徴

最大の特徴は「運用特化型代理店」であること。全国の中小企業を支援し実績は700社以上、既存顧客の継続率は約97%を誇ります。高い顧客満足度を支えるのは、幅広い業種をカバーする業種別の管理体制。BtoBサービスや求人、士業、各種ECなど各業界の広告運用に精通した専門チームに代行を任せられます。下記の公開データでは、リスティング広告とSNS広告・動画広告などを掛け合わせた事例を複数掲載中。

「株式会社メディアハウスホールディングス」の詳細をみる

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

ブルースクレイ・ジャパン株式会社の強み・特徴

Webマーケティングで全米No.1の実績を持つBruce Clay Inc.の日本支社。SEOやインターネット広告を利用した集客周りの改善を得意とし、Web収益の改善を中心に置いた戦略設計に定評があります。集客からコンバージョンまで一貫したサービスを取り扱っていることで、顧客の幅広い悩みに対応できるのが強み。広告運用、クリエイティブ、SEOコンサルタントなどの部分最適化サービスから、全体最適化をサポートするコンサルティングサービスまで相談可能です。

「ブルースクレイ・ジャパン株式会社」の詳細をみる

株式会社オプティマイザー

株式会社オプティマイザーの強み・特徴

自社でASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を持つWeb専業の広告代理店。トップアフィリエイターが多く登録しているため獲得件数を出す事が可能です。特に「獲得」にこだわった運用を得意としており、戦略的拡大に向けた少額スタートからの案件にも対応。アフィリエイトを基軸としつつ運用型広告の代行や企画、クリエイティブ制作を展開しているので、領域にとらわれないWeb集客への横断的サポートが受けられます。

「株式会社オプティマイザー」の詳細をみる

株式会社Lifunext(ライフネクスト)

株式会社Lifunext(ライフネクスト)の強み・特徴

大手代理店出身の経験者を中心に運営する代理店です。データに基づいた効果的なクリエイティブの提供を得意とし、デジタルマーケティング全般をサポート。さまざまなメディア・ツールから顧客企業にとって最適な組み合わせを提案、運用します。小規模代理店ならではの一歩踏み込んだ取り組みで、他社からのリプレイス後の改善実績95%、平均CPA改善率73%。Google、Facebook、LINEなど各種媒体とパートナー契約・代理店契約を締結しており、サービスの特性に合わせた広告プランニング・運用を実行が受けられます。

「株式会社Lifunext(ライフネクスト)」の詳細をみる

株式会社イーエムネットジャパン

株式会社イーエムネットジャパンの強み・特徴

運用型広告に強い代理店として、業界問わず数千社の実績を持つ広告代理店です。担当者専任制を基本とし、そのスタッフ全員がWeb広告媒体の認定試験の合格者。2021年にソフトバンク(株)のグループ会社となり、Yahoo!やLINEの膨大なデータを活用した分析・運用の取り組みを展開中です。Yahoo!やGoogle、Twitterなど各広告媒体のセールスパートナー認定を取得済み。社内にバナー、LP、動画の制作部隊があり、精度の高い広告クリエイティブで戦略立案から成果最大化に向けたPDCAをシームレスに実現している点も心強い。

「株式会社イーエムネットジャパン」の詳細をみる

株式会社Roseau Pensant(ロゾパンサン)

株式会社Roseau Pensant(ロゾパンサン)の強み・特徴

事業戦略やWebマーケティング戦略を主軸に、大手リテールブランドECなどの事業成長を支えてきたWeb広告のプランニング・運用企業です。特にECサイト運用に関しては、立上げ支援から運営、カスタマーサクセスまでコンサルティングが可能。単なる広告運用代理店ではなくパートナーとしてクライアント様の事業に貢献するため、さまざまなソリューションを提供しており、広告KPIに留まらず事業全体の目的に沿ったプランニング、運用を実施します。

「株式会社Roseau Pensant(ロゾパンサン)」の詳細をみる

リンクシェア・ジャパン株式会社

リンクシェア・ジャパン株式会社

リンクシェア・ジャパン株式会社の強み・特徴

楽天グループのデジタルマーケティング事業(楽天マーケティングジャパン/リンクシェア・ジャパン)として、国内大手EC・金融系企業との取引実績が豊富。楽天ならではのデータを活用した広告配信の提供が特徴です。特に世界中のオープンデータを分析した「Rakuten SQREEM」は、ソーシャルメディア広告のCVR、CPAを改善する独自手法として注目を集めています。海外AIテクノロジー企業との国内独占販売契約による独自サービスも魅力。アフィリエイト広告、リスティング広告、インフルエンサーマーケティングでは成果報酬型サービスも提供中です。

「リンクシェア・ジャパン株式会社」の詳細をみる

ソウルドアウト株式会社

ソウルドアウト株式会社の強み・特徴

日本全国の中小・地方・ベンチャー企業の成長をデジタル×マーケティングで支援。博報堂HDYホールディングス傘下の代理店です。Yahoo!セールスパートナープログラムでは「4つ星」を取得しており、他にGoogle、LINEなどWeb広告の主要メディアから多くの実績を獲得。Web広告にデジタル×マスの統合プランニング、リサーチ業務、LP・バナー制作、SEO施策までトータルに任せられます。サービスだけでなく、広告実績の詳細データをデイリーで確認できる独自データベースも広告主様から好評です。

「ソウルドアウト株式会社」の詳細をみる

まだまだ他にも! 動画広告に強い代理店

ご紹介した以外にも、アドフープには動画広告の制作・運用を取り扱う広告代理店が多数加盟中。下記のリンクから一覧でご覧いただけます。

アドフープ「動画広告取り扱い代理店」リスト

失敗しない代理店選びなら「アドフープ」にお任せください!

広告主様は完全無料。ビジネスマッチングサービス「アドフープ」

今回ご紹介したTikTok広告のみならず、Webマーケティング施策を外注する際に重要なのは、なんといってもパートナー選びです。
そのパートナー選びを成功させる重要ポイントについてご存じでしょうか?

〈パートナー選びの重要ポイント〉

  • 提示する課題、要望が適切に整理されていること
  • 複数の提案を受け、比較検討して選ぶこと
  • 担当者の実績情報や第三者の評価を参考にすること

この3つをしっかり押さえることで、あなたの会社にとって相性の良いベストパートナーが見つかります。
ただ、自力で複数の企業に問い合わせ、条件にマッチするか確認するのは多大な労力を要しますよね。そこでご紹介したいのが、私たちイルグルムが提供する「アドフープ」です。

担当コンシェルジュがパートナー探しを徹底サポート!

パートナー探しに時間も労力もかけられない。そんな企業様もご安心ください。アドフープはWebマーケティング領域に特化したマッチングプラットフォーム。パートナー選びの重要ポイント3つを標準機能でご提供しており、これまで幅広いご予算/業種に対応したマッチングを実現してきました。
要望や条件を登録するだけで、貴社にベストなパートナーと「無料で」マッチングできます。
ご登録から契約までコンシェルジュがお手伝いし、広告代理店の選定に手間も時間もかけさせません。

ご登録前でもチェックできる「広告代理店一覧」

登録しなくてもご覧いただける加盟代理店の一覧では、各社の会社情報や成功事例、広告媒体からの認定・表彰実績を掲載。
気になる代理店があれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。

会社情報実績、得意分野などが確認できる代理店一覧はこちら

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが実力のあるマーケティング
パートナーをご紹介します

まずはコンシェルジュに相談

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

03-3289-5051平日10:00-18:00(土日祝除く)