無料相談はこちら

リスティング広告に関連する各種費用の目安を解説。運用代行を依頼するときは?

この記事をシェアする

顧客獲得のため、多くの企業が活用しているリスティング広告。
Web広告の中でも人気が高いのは、比較的始めやすく、ターゲット層にリーチしやすいといわれているからです。ただ、実際に始めようとしたとき、社内で運用体制が整っていない企業は代理店へ運用代行を依頼することになるでしょう。
代理店にリスティング広告の運用代行を依頼するには、「何にどれくらい予算が必要か」「費用感の相場はどれくらいか」といった要素を知ることが大切です。

この記事では、リスティング広告の運用を始める際に必要な費用の種類と、各種費用の相場を解説し、「効果的な広告運用を展開してくれる代理店探し」の方法もあわせてご紹介します。

「費用対効果が高い」といわれるリスティング広告

リスティング広告ってこんな広告

ユーザーが検索エンジンで検索を行った際、そのキーワードに応じて表示されるWeb広告のことです。
表示位置は検索結果画面の上部または下部。GoogleやYahoo!では、通常の検索結果エリアの上と下にリスティング広告用のエリアが設けられており、ユーザーの目に留まりやすくなっています。
特定の検索ワードに応じて広告が表示されるということは、ニーズを持つ顕在層にアプローチしやすく、そのためリスティング広告は「コンバージョンに繋がりやすい」といわれています。
尚、リスティング広告は、PPC広告、検索連動型広告、サーチワード広告、キーワード広告とさまざまな呼び名があります。

SEO(自然検索)との違い

最も大きな違いは、検索結果の上位に掲載させるためのコントロール度合です。
SEOでも上位掲載をさせることは可能ですが、掲載順位やタイトルと説明文の表示を調整しているのは検索エンジン(Google・Yahoo!)のアルゴリズムであり、上位掲載をするための明確な方法はわかりません。それ故に、SEOは手間と時間がかかるのです。
一方、リスティング広告は、入札さえ強化すれば素早く上位表示することは可能ですし、SEOより上位の場所に掲載されます。しかも、タイトルや説明文は自社で設定したものが表示されるため、対象顧客へ間違いのない訴求ができます。

他のWeb広告との違い

リスティング広告の特徴は、ニーズが顕在しているユーザーにピンポイントで訴求ができる点です。獲得(刈取)能力の強い広告といえます。バナー広告のように画像を準備する必要がないため、短期間で広告の出稿もできます。
その反面、露出できる面は検索したユーザーに限られるため、幅広い認知を目的とした施策としてはやや弱い広告です。

低予算から出稿できて、配信の開始・停止が簡単

リスティング広告の基本的な課金体系は、ユーザーがクリックするごとに費用が発生する「クリック課金制」です。広告が表示されただけでは費用がかからず、またオークション用の費用の上限も自由に設定できます。
また広告配信の開始・停止がリアルタイムで可能。内容の変更もすぐにできるので、成果を見守りながら改善策に取りかかれる点が強みです。

リスティング広告にかかる費用の種類

リスティング広告を出稿・運用する際にかかる費用の種類は大きく分けて3つ。

  1. 広告費
  2. LPやWebページの制作費
  3. 代理店への支払い費用

広告運用に関連する工程を全て自社でまかなう場合は、1.広告費のみで運用できます。
まずは種類を確認し、費用感の相場については、それぞれ後述します。

1. 広告費

広告を出稿するための費用で、掲載先の媒体(広告媒体)に支払います。
どの程度の予算を設けるかは企業によりますが、広告費にかける予算が大きれば、それだけ多くの出稿が可能になることは間違いありません。

2. LPやWebページの制作費(未制作の場合)

ユーザーがリスティング広告をクリックした後、「購入」「問い合わせ」「資料請求」など繋がるかどうかを分けるのが、広告リンクから遷移するWebページの充実度です。
通常のWebサイトへ誘導するのもアリですが、より高い効果を狙うなら、コンバージョンを意識したランディングページ(LP)を用意しておくのがおすすめ。
制作を制作会社や代理店に任せる場合、この制作分の予算が必要になります。

3. 代理店への支払い費用(運用を任せる場合)

運用手数料
広告費とは別に、広告代理店に支払う費用が運用手数料(マージン)です。
この運用手数料が代理店にとっての売上になります。

現在、料金体系で主流となっているのが「定率型」。広告費に対して決まった割合を手数料として支払う形になります。他には、毎月決まった額を支払う「固定型」や、あらかじめ取り決めた成果に応じて支払う「成果報酬型」も。
代理店によって手数料の料金体系が異なりますので、リサーチ時に確認しましょう。

初期費用
代理店の方針や契約金額によっては、運用を始めるための初期設定の費用として「初期費用」を設定される場合があります。初期設定の内容は、アカウント開設やキーワード選定、配信の設定など。
月々の運用手数料とは別枠の費用ですので、こちらもよく確認しておきましょう。

リスティング広告の「費用感」の相場は?

リスティング広告自体は、1,000円から出稿が可能ですが、「代理店に運用を委託して成果を作る」という観点からすると、実際のところ広告主はどれくらいの予算をかけているのでしょうか。
多くの広告主と代理店をお繋ぎ(マッチング)したアドフープ視点からお伝えすると、代理店に運用を委託する場合は、月々100万円以上の広告主が多いです。これは、ある程度の予算で配信することにより、媒体側の機械学習の数が積み上がり効率的な運用に繋がっていることが考えられます。
もちろん、業種や企業規模、目標数値によって予算はそれぞれです。ですが、成果を作るためには、月々30万円以上の予算をご準備することをお勧めします。

「ランディングページ」制作費の相場は10~50万円

リスティング広告の出稿にあわせて強化すべき、リンク先のランディングページ。
外注して制作する場合の費用は、10~50万円を見ておきましょう。
金額に幅がありますが、これは発注内容や発注先によって異なるためです。
ランディングページの制作費用を左右する要素は、主に4つ挙げられます。

依頼先が制作会社かフリーランスか
フリーランスに依頼する場合と制作会社へ依頼する場合では費用感が異なります。両者を比較した場合、フリーランスの方が低予算で制作できます。

工程を全て任せるか、部分的に依頼するか
たとえば自社でページのデザインまで行い、コーディングのみを外注するならコストは低く済みます。しかし、企画の立案、画像やテキストといった素材の準備、ページデザインにコーディングなど、全てを依頼する場合は費用がかかります。

コンテンツのボリューム
ランディングページの特徴は、1ページ内に必要な情報がまとまっていること。そのため、情報量の多いページを作る場合はボリュームも大きくなるでしょう。
当然ながら、依頼するボリュームによって費用は増減します。

納品までのスケジュール
納期が短い場合、通常料金と比較して割高になることがあります。余裕のない制作は質の低下を招きかねませんし、余裕を持ってスケジュールを立てましょう。

代理店に運用代行を頼む場合の「手数料・マージン」の相場

運用手数料の項目で、料金体系で主流なのは「定率型」だとお伝えしました。定率型の場合、手数料の相場は広告費のおよそ20%。ひと月あたりの広告費用が100万円なら20万円程度が運用手数料になります。
(代理店への支払いは、100万円+20万円=120万円)

ただし広告費用が少額の場合は、金額が一定の「固定型」が多く、特に広告費用が20~25万円あたりのケースだと、一律5万円と設定される傾向があります。

成果報酬型の手数料や初期費用については、代理店によって金額設定がさまざまなので、一概に「これくらい」という相場はありません。

大切な広告費を有意義に使うため、重要なのは代理店との相性

リスティング広告を運用していくにあたり、人材や社内体制が確保できない場合は広告代理店に依頼することになるでしょう。ノウハウを持った専門家に任せれば、限られた予算でも短期間で成果を上げることも期待できます。
実際に代理店を探す方法は、おおよそ以下の3通りがあります。

  • 自力で候補を探して交渉
  • 一括見積サイトを利用
  • 紹介を受ける

しかしこれらの方法だと、細かな条件までマッチする代理店を探すまでにかなりの手間がかかってしまいます。
そこで、代理店探しのわずらわしさを省略できる「アドフープ」をご紹介させてください。私たちイルグルムが提供するアドフープは、マーケティングに特化したマッチングプラットフォーム。広告主と代理店を繋ぐマッチングサービスです。

ご登録なしでも
サービスにご登録いただく前でも、「代理店一覧」で加盟代理店について知ることができます。

主な掲載内容

  • 取り扱う広告の種類
  • 得意業種
  • ランディングページ制作の可否
  • 料金体系が成果報酬型に対応しているか
  • 広告媒体からの認定、表彰実績
  • 成功実績

さらにご登録後のログインで
サービスにご登録いただければ、メンバーさま向けの画面では各代理店の運用体制や制作体制、最低受注金額など詳細な情報をご提供しています。

アドフープでは、代理店の募集は基本的にコンペ形式。より良い提案や条件が期待できますし、気になる代理店があれば面談して相性を確かめることもできます。広告主様のご利用は完全無料ですので、まずはどういった代理店候補が加盟しているのかご覧ください。

会社情報実績得意分野などが確認できる代理店一覧はこちら

代理店のリプレイスにもアドフープ

すでにリスティング広告の運用を外注している企業様も、もちろんアドフープをご利用いただけます。代理店の切り替えを検討すべきケースは、以下の項目に心当たりがある場合。

  • 依頼した作業への対応、反応が遅い
  • 指定した期日が守られない
  • ミスが多い、業務が雑
  • PDCAを回すための分析や改善提案がない
  • 戦略を練るための情報共有が不十分

アドフープでは、これまでの運用で感じている課題を明示いただければ、解決案をもつ代理店を比較検討して選べます。課題整理はアドフープのコンサルタントがお手伝いしますので、お気軽にご相談ください。

また、本当に切り替えるべきかどうか迷ったら、以下の記事でリプレイスを検討した方が良いケースの詳細と、リプレイスする際の留意点などついて詳しく解説していますので参考にしてください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適な広告代理店を
ご紹介します

無料相談はこちら

03-6831-4545

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適な広告代理店をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら