無料相談

Web広告インハウス運用の始め方。メリットや切り替えタイミング、オススメ支援企業をご紹介!

この記事をシェアする

Web広告の運用を自社で行うか、外部の代理店に任せるかは方針の大きな分かれ道。
どちらが正解ということはありませんが、向き不向き、メリット・デメリットが存在しますし、インハウス化はおいそれと気軽に実現できるものではありません。しっかりと検討したいところですね。

今回は

  • 代理店の運用代行からインハウス運用に切り替えたい
  • これからWeb広告を始めるにあたって、先ずは自社で運用したい

……など、インハウス化をお考えの方に向けて、インハウス運用のメリット・デメリット、インハウス化を検討するタイミング(主に費用面)などをご案内します。

また、特に初めてインハウス運用する場合は、軌道に乗るまでプロの支援を受けるのも1つの有効な手段です。そこで後半ではインハウス支援で実績のあるおすすめ企業もご紹介しています。Web広告運用のインハウス化にご興味がある方、ぜひご覧ください。

Web広告のインハウス運用とは?

社内の担当者がWeb広告にまつわる諸業務をすべて行う、Web広告の自社運用のことです。外部(広告代理店など)とのやり取りがないので、マーケティングの計画から実施、検証、改善まですばやくPDCAを回すことができます。また広告代理店に支払う手数料(マージン)が発生せず、その分を広告予算にあてることも可能。

対して、Web広告の運用を外注する場合は代理店に運用代行を依頼することになります。
インハウス運用と代理店運用はどちらが優れているというわけではなく、それぞれ一長一短。次にご紹介する「インハウス運用のメリット・デメリット」を確認して、あなたの会社にどちらの方法がマッチするか、改めて確認してみてください。

インハウス運用のメリット・デメリット

Web広告運用をインハウス化するメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

<メリット>

  • 運用代行の手数料がかからない
  • 広告運用のノウハウを社内に蓄積できる
  • PDCAを回す速度が速い
  • 商材を理解した担当者が運用できる
  • 自社の所有するデータと連携しやすい

<デメリット>

  • 業務が属人化しやすい
  • プロに依頼するよりもパフォーマンスが落ちることがある
  • 媒体の最新情報を常に把握しておく必要がある
  • 媒体社のサポートが受けづらい

インハウス運用は、運用体制さえしっかり構築できれば、スピーディーな運用や社内ノウハウの蓄積などさまざまなメリットが際立つはずです。
ただし社内リソースの恒常的な確保、業務が属人化した場合の担当者の辞職リスク、プロに依頼するよりもパフォーマンスが悪化するなどの懸念事項も。

インハウス化に踏み切るべきかどうか、そもそも検討する余地があるのか?
これといった明確な基準がないためお悩みの企業も多いでしょう。そこで、次の章ではインハウス化を検討するタイミングについてお話しします。

インハウス化を検討するタイミング

広告予算が月額100万円を超えたら検討開始。300万円以上なら積極的に

インハウス化のメリットの1つに「運用代行の手数料がかからない」を挙げました。運用コストは重要なポイントですね。苦労せず社内でマーケターを確保できるなら、迷わずインハウス化してもよいでしょう。
ですが、これからインハウス化を検討する場合は注意が必要です。というのも、外部に依頼するよりもマーケターを新規雇用する方が人件費がかかるケースがあるからです。

当社が提供するビジネスマッチングサービス「アドフープ」や、広告レポート自動化ツール「アドレポ」などの商談を通じて、さまざまなケースを見聞きしてきた経験からお話しします。
インハウス化を検討する1つの目安となるのが「ひと月あたりの広告予算の金額」です。具体的には上で示した表を参考にしてみてください。

代理店にWeb広告の運用代行を依頼すると、必要になるのが月々の運用手数料です。
これは広告予算に応じて発生するもので、業界の手数料の相場としては広告予算の約20%。ひと月の広告予算が100万円の場合、20万円の手数料が発生することになります。ここで考えたいのが、インハウス化した際のマーケターの人件費と、運用代行費用のどちらが低コストで済むのかということ。

大きな目安となるのが、月の広告費が300万円を超えるタイミングです。
一般論として、企業が従業員を一人雇うには、給与の1.5倍程度の費用が必要であると言われています。300万円の広告運用を外部業者に委託すると手数料は約60万円。これは月収40万円のマーケターを雇用できる金額です。
広告運用を任せられる人材が確保できるならば、メリット・デメリット要素を踏まえ、インハウス化を本格的に検討してみるのがよいでしょう。

広告予算が少なく、依頼できる広告代理店が見つからない!?

広告費を少額からスタートしたいとお考えの場合にも、インハウス運用を検討してみましょう。というのも、スモールスタートだと大がかりな施策や運用は実施しないことになります。外部委託の費用も潤沢には準備するのが難しいでしょう。
委託するための予算が少ないと、希望を叶えてくれる代理店を見つけるのは大変。それならば、小規模な広告運用を前提としてインハウスで進める方が賢明といえるでしょう。

広告運用をインハウス化するステップ

Web広告運用のインハウス化を行うには、おおよそ以下のような流れで準備を進めることになります。

インハウス化の目的・運用方針を決める

まずはインハウス化の目的を確認し、後にブレが出ないよう、どのように運用していくかの方向性を社内で明確にします。

必要な社内リソースの確保や分析ツールの導入を準備する

Web広告運用に必要な社内リソースを確保しましょう。戦略立案、出稿・運用作業、広告のクリエイティブ制作、予算管理など、運用で必要な工数それぞれの担当者を設けるか1人ですべて担当するかなどを決めます。
また運用改善のために成果データの分析ツールなどを準備しましょう。

運用・教育体制を構築する

広告の制作、運用、レポート作成から改善まで、実際のフローを確認しつつ運用体制も整えます。また、体制に応じた各担当者の知識とスキルが必要です。登用した人材が学ぶための環境を整えておきましょう。

運用を開始する

ここまでの準備がしっかりと完了したら、実際に運用を始めましょう。

効果の測定を行い、レポートを元にPDCAを回す

Web広告は出稿して終わりではありません。定期的な効果測定、改善が必要です。なぜなら、Web広告運用は、PDCAを回して初めて効果の最大化につなげることができるからです。分析ツールなどを利用しつつ効果を測定し、測定したデータをレポートとして可視化し、施策の振り返り検証、そして改善施策の実行につなげます。

インハウス運用を成功に導く4つポイント

インハウス運用を成功に導くために欠かせないポイントは4つ。順番に見ていきましょう。

POINT①長期的な目線で成果を待つ

Web広告運用は、改善を重ねて高い成果を狙うものであり、プロでも一朝一夕で成果が出るものではありません。ましてやインハウス運用なら、スタートしてから運用体制が定着し、成果が出るようになるまでには時間がかかります。
この点を社内の共通認識として、長い目でコツコツと取り組んでいくことが大切です。

POINT②担当者の評価基準を適切に定める

前述のとおり、成果が出るまで時間がかかることを前提に、適切な評価基準を設けましょう。最初から「Web広告からの売り上げをいくらにしよう!」などの目標を掲げるのではなく、まずは売り上げよりも手前のKPIにあたる「会員登録○件」「資料請求○件」などを目標として設定し、評価とリンクさせていくことが大切です。

POINT③担当者にある程度の裁量を持たせる

インハウス運用の強みは、代理店とのコミュニケーションコストがかからず、スピーディなPDCAサイクルを回せる点にあります。
実現するには、担当者が商材や市場を深く理解していることが大切。そして、さまざまな施策を実行するためには、ある程度の裁量を預けられる人物であることもポイントです。
担当者の選抜は慎重に行いましょう。

POINT④インハウス支援を受けて無理なく続ける

まったくのゼロからインハウス化を進める場合、社内だけで取り組みを進めるのは不安があるでしょう。そんなときに頼りになるのが、インハウス支援を行っているプロのサポートを受けること。
戦略立案から体制づくり、媒体・予算・KPI設定などのプランニング、運用トレーニング、ツール導入などニーズに合わせたサポートが受けられます。インハウス運用をすばやく軌道に乗せる、また社員の負担を軽減するためにも、インハウス支援サービスは有用です。

インハウス支援サービスで受けられる主な内容

インハウス支援を行っている会社にサポートを依頼した場合、どのようなサービスを受けられるのか、主な内容を見ていきましょう。

広告戦略のコンサルティング

課題の洗い出し、Web広告アカウントの設計、戦略立案など、マーケティング全体にまつわるコンサルティングを依頼できます。

体制づくり支援

自社に合わせたWeb広告運用の方針を設定し、それを実現するためにどういった人材が必要になるか、組織体制をどう整えるかといった社内の体制づくりの支援が受けられます。

社員研修

社内で人材を確保できても、教育体制を確立するのが難しいという問題はよく耳にします。
インハウス支援会社は社員研修のノウハウを有しているところも多く、マーケティングの知識修得やディレクション業務の理解、広告関連ツールの操作など網羅的な研修も可能です。

最新情報の共有

Web広告の世界は新陳代謝が速く、新しいツールやトレンドは常に移り変わっています。
インハウス支援サービスを受ければ、媒体や市場動向の最新情報をキャッチすることができます。

実務サポート

広告出稿のオペレーションや分析ツールの導入など、実務面のサポートを受けることができます。

インハウスの支援会社を選ぶ際に確認したい3つのポイント

支援の対応範囲

まずサポートを受けたい業務について支援対応しているか、必ず確認しましょう。たとえば不意の質問やミーティングなど、どの程度手厚く対応してくれるのか。期待する支援が受けられるか、期間や対応範囲も要チェックです。

取り扱う広告媒体

リスティング広告、各種SNS広告、動画広告などWeb広告には多様な種類・媒体があります。自社がどの媒体でWeb広告を展開するのか、またインハウス化でどの領域の運用スキル・ノウハウを蓄えたいのかを明確にして、対応している会社を選びましょう。

支援実績&事例

インハウス支援を行っている会社にも、それぞれ得意とする支援スタイルがあります。企業の知名度にかかわらず、インハウス支援でどの程度の実績があるのか、支援方法が希望とマッチするか、しっかりチェックしましょう。
同じ業界・業種で成功実績のある企業ならさらに頼もしいですね。検討の際には、支援実績をデータで見せてもらうとより適切な判断ができるでしょう。

一部成功事例あり! インハウス支援を依頼できる企業【オススメ6社】

豊富な実績を持つ広告代理店が多数加盟! 私たちイルグルムが提供するビジネスマッチングサービス「アドフープ」から、インハウス支援で実績を持つオススメ代理店をご紹介します。

株式会社AIENKIEN(アイエンキエン)

株式会社AIENKIEN(アイエンキエン)の強み・特徴

社名に掲げるのは、不思議なめぐり合わせを意味する四字熟語“合縁奇縁”。
Web広告やSNS広告の運用代理事業を軸に、インターネット広告運用をインハウス化したい企業様向けに人材育成事業を行っている会社です。得意とするのは、インターネット広告の最適化を最短最速で実施すること。クライアント様が抱える課題への根本的なテコ入れ、改善への施策立案を実行し、事業成長を支援します。

成功実績ピックアップ

CPAが3カ月で3万円→1.2万円に改善。問い合わせ数は120%にアップ!

  • 業界/商材:IT・メディア、ソフトウェア
  • 広告目的:問い合わせ(資料請求)数の増加
  • KPI:CPAの改善
  • 実施媒体:Google・Yahoo!(Search領域)

【洗い出した課題】
ご依頼当時のKPIは「CPA 1.5万円」でしたが、競合が多くCPA2万~3万の高騰が続いていました。
データを精査して目立ったのが、最適化スコアの低さ。そこでまずは最適化スコアを改善すべく、広告構造の見直しをご提案しました。

【打開策→成果】
広告構造の見直しでは、キーワード選定や入札価格の再設定、LP改修などを実施。
そこから改善を行い効果検証を進めました。
結果、CPAは3万円から1.2万円へと約60%改善。問い合わせ数も20%増を実現しています。
お客様とのコミュニケーションでは、ご担当者様の知識量に合わせた言葉を選択し、ストレスなく対話していただける雰囲気づくりを大切にしました。
無駄な混乱を避けることが、より良い関係構築とスムーズな施策の実施を実現すると考えています。

「株式会社AIENKIEN(アイエンキエン)」の詳細をみる

株式会社GO TO MARKET(ゴートゥーマーケット)

株式会社GO TO MARKET(ゴートゥーマーケット)の強み・特徴

デジタル分野に特化したマーケティング支援会社。マーケティングプロジェクトを推進するためのオペレーション構築から施策実行までを協働により実行します。
代表は株式会社サイバーエージェントおよび株式会社bitFlyerで、広告・デジタルマーケティングの実務から広告プロダクト作りまで幅広く経験を積んだスペシャリスト。マーケティングにおける分析、計測環境設計、KPI策定、運用実務まで幅広く深い知見を強みに、Web広告による事業成長を後押しします。

「株式会社GO TO MARKET(ゴートゥーマーケット)」の詳細をみる

株式会社Lifunext(ライフネクスト)

株式会社Lifunext(ライフネクスト)の強み・特徴

大手代理店出身の経験者を中心に運営する代理店です。
データに基づいた効果的なクリエイティブの提供を得意とし、デジタルマーケティング全般をサポート。さまざまなメディア・ツールから顧客企業にとって最適な組み合わせを提案、運用します。小規模代理店ならではの一歩踏み込んだ取り組みで、他社からのリプレイス後の改善実績95%、平均CPA改善率73%。Google、Facebook、LINEなど各種媒体とパートナー契約・代理店契約を締結しており、サービスの特性に合わせた広告プランニング・運用を実行が受けられます。

「株式会社Lifunext(ライフネクスト)」の詳細をみる

株式会社FUN&FRUIT(ファンアンドフルーツ)

株式会社FUN&FRUIT(ファンアンドフルーツ)の強み・特徴

マーケティング&ブランド戦略を成果視点から全力支援。デジタルを主軸に、オンライン・オフライン双方での実績を豊富に持つマーケティングエージェンシーです。
ご予算や課題内容に応じて、アドバイスのみからWebマーケティングの最適化まで幅広いプランでお応えできるのが強み。インハウス支援では、実績豊富なスペシャリストが力強くサポート。またマーケティング支援では、課題抽出から提案・実行・検証まで専門家チームがサポートします。BtoC、BtoBを問わず、PDCAサイクルによるデジタルマーケティングを基に、ビジネス目標の成果拡大に貢献。受託企業ではなくクライアント様の外部マーケティング部として目標を共有します。

「株式会社FUN&FRUIT(ファンアンドフルーツ)」の詳細をみる

Brandist(ブランディスト)株式会社

Brandist(ブランディスト)株式会社の強み・特徴

Webマーケティング、EC売上拡大を幅広くサポート。福岡を拠点に、Web広告運用のインハウス支援、Web広告運用代行、海外向け越境EC支援、DtoCコンサルティングを行っている会社です。
インハウス支援事業では、戦略立案から広告運用・改善、ファンづくり施策までプロが丁寧にサポート。インハウス化によるデメリットやリスクまでフォローする体制で、外注費を抑えながらスピーディな運用を実施できるよう長期支援を行います。

「Brandist(ブランディスト)株式会社」の詳細をみる

ユニスタ株式会社

ユニスタ株式会社の強み・特徴

コンサルティングから広告運用、インハウス支援、人材教育までデジタルマーケティングに関わる支援事業全般を得意とする会社です。
メンバー全員が事業会社・支援会社どちらも経験済みで、プレイヤー/マネージャーとしての実績が豊富。戦略策定から実行まで規模に関わらず確かな知見を持つ人材が担当するため、常に高品質なサービスが提供されると評判です。国内大手広告代理店へのコンサルティング・人材育成の実績もあり、デジタルマーケティング領域で規模を問わず広い知見を有する点も特徴。事業への深い理解を強みに、中小から大手までさまざまな業種における支援実績を誇ります。

「ユニスタ株式会社」の詳細をみる

アドフープなら、初めてのインハウス運用に最適なパートナーが見つかります!

課題整理から契約までサポート オファー内容を見てから相談できる

広告主とインハウス運用支援企業を引き合わせるマッチングサービス「アドフープ」

Web広告運用に関する依頼先を探すときには、候補を複数挙げて比較検討することが大切です。
しかし比較検討するためには、インハウス運用支援企業の情報を集め、問い合わせをして、各社から提案を受けて……とそれなりの労力を要します。

そこでご紹介したいのが、私たちイルグルムが提供する「アドフープ」。
Webマーケティング領域に特化したマッチングプラットフォームで、「○○を外注したい」という企業様と、「○○で実績がある」という代理店を引き合わせるためのサービスです。
上でご紹介した以外にも、インハウス支援で実績のある企業が多数加盟中!

アドフープで叶えられること

  • 外注先の選定に、手間も時間もかけさせません
  • 課題整理からご契約までコンシェルジュがお手伝い
  • 細かな条件まで指定OK。求める条件を共有するだけ
  • 担当者の実績を確認してから提案を受けるか決められる
  • 完全無料でスピード解決。アドフープが条件に合う企業をご紹介
  • マッチする企業が見つかる確率は92%!

アドフープの強みは、手間も費用もゼロで貴社に適した依頼先が見つかること
最短即日で候補代理店の中から、実力のある企業をご紹介します。
また今回、記事内でご紹介した以外にもインハウス支援で実績のある企業が多数加盟中。下記のリンクから一覧でご覧いただけます。

アドフープ「インハウス支援会社一覧」

ぜひ、少しでもご興味がある方はアドフープへご相談ください!

ご利用は完全無料 実力のあるビジネスパートナーをご紹介 まずは資料請求

ご登録前でもチェックできる「広告代理店一覧」

登録しなくてもご覧いただける加盟代理店の一覧では、各社の会社情報や成功事例、広告媒体からの認定・表彰実績を掲載。
気になる代理店があれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。

会社情報や実績、得意分野などが確認できる代理店一覧はこちら

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが実力のあるマーケティング
パートナーをご紹介します

まずはコンシェルジュに相談

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

03-3289-5051平日10:00-18:00(土日祝除く)