コンシェルジュに
相談する(無料)

LINE運用代行とは?LINE公式アカウントは代行会社(代理店)に外注でもっと効果的に

この記事をシェアする

今や多くの人々の暮らしに密着する存在となったLINE。
メールや電話の代わりとしてだけでなく、情報収集・発信やショッピングの場など、日々に欠かせないツールとしての地位を築いています。
そんな流れの中にあって、企業がビジネス活用できるLINE公式アカウントの数も増加。顧客獲得の手段として大いに利用されています。効果的な運用には手間・労力・ノウハウが求められるため、自社運用よりも代行会社(代理店)へのアウトソーシングを選ぶ企業も少なくありません。
この記事では、LINE公式アカウントで代行会社に依頼できる作業内容や料金について解説します。

LINE公式アカウントについて

LINE公式アカウント活用のメリット

なぜ今、LINE公式アカウントにおけるマーケティングが注目されているのか?
それは利用者数の多さとサービスの豊富さから、顧客・ターゲット層にアプローチできるチャンスが多いからに他なりません。
日本におけるLINEの月間アクティブユーザーは数あるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の中でも最多レベルで、2022年6月末時点で約9,200万人。幅広い年代のユーザーが利用しているため、多くの年代にリーチできるプラットフォームです。

さて、LINE公式アカウントとは、企業のビジネス利用を前提としたサービスです。
後述するさまざまな機能を活用してユーザーとのコミュニケーションを図れるほか、集客や販促に便利な機能も充実。セール情報やリリース情報など、リアルタイムで発信すればイベント性も高められる点で大きなメリットがあります。

※ 参考:LINE for Business

LINE公式アカウントの運用でできること

LINE公式アカウントでは販売促進、顧客接点の強化に繋がる多彩な機能を利用できます。
主な機能は以下の通りです。

  • メッセージ配信……友だちとなったユーザーへのメッセージ送信
  • ショップカード……LINE上でショップのポイントカードを発行・管理
  • クーポンの発行……店舗で使用できるクーポンを配信
  • チャット……ユーザーからの問い合わせに直接コミュニケーションが可能
  • リッチメニュー……トーク画面の下部に設置できるメニュー
  • LINEコール……ユーザーからLINE公式アカウントに無料で通話・ビデオ通話できる機能
  • LINE VOOM投稿……友だちユーザーのLINE VOOMへの情報投稿
  • プロフィール設定……友だち追加の際に表示される画面。店舗・サービスに関する情報を掲載可能
  • レポート……ユーザーの反応をデータで確認できる機能

この他、トーク画面の自動応答や来店予約機能、メッセージのパーソナライズなど、オプション機能を含めるとLINE公式アカウントはさまざまな施策を可能にしてくれます。

LINE公式アカウントを自社運用するのは難しい?

LINE公式アカウントの機能を活用すると、きめ細やかなアプローチが可能になります。しかし、アカウントの開設自体は簡単にできるのですが、だからといってすぐに友だちユーザーが増えるというものではありません。
「自社で運用を開始したものの、イマイチうまくいかない」という企業のお悩みには次のようなケースが挙げられます。

投稿数とブロック率が比例するケース

せっかく友だちユーザーを増やしても、短期間でブロックされてしまっては意味がありません。ブロック率の上昇には、配信メッセージの内容やタイミングが適切ではない、または投稿頻度が多すぎるといったことが考えられます。

レポートデータを生かせないケース

マーケティングに効果測定や分析は欠かせません。どのデータを抽出し、どういった数値からどのような改善策に繋げるのか。PDCAを戦略的に回していくには、LINE運用における専門的な知見が必要になります。

情報のアップデートが難しいケース

LINE公式アカウントの運用を社内でまかなう場合、担当者は専任ではなく他の業務と兼任することが多くあります。そこで出てくるのが、業務が忙しすぎてLINEの最新情報を追えないという問題。新サービスや活用方法のトレンド、他社の成功事例など、運用に生かすべき情報がアップデートできないと、アカウントのマンネリ化→効果が出ないという悪循環に陥ってしまいます。

戦略的運用には運用代行会社へのアウトソーシングを

LINE公式アカウントの効果的な運用には、綿密な戦略、ユーザーに歓迎される配信、レポートデータの活用などスキルが必要になります。そして運用を継続していく上では、結果の分析から改善、運用してまた分析……と地道な作業がマスト。
社内で専任者をつけられない場合、運用代行会社へのアウトソーシングをおすすめします。
社内リソースをコア業務にあてれば、LINE運用を軌道に乗せながら商品・サービスの向上も同時に実現できるでしょう。

LINEの運用代行で依頼できる主な作業内容

LINEの運用代行を外部へ任せる場合に依頼できる、主な業務をご紹介します。
代行会社によってどういったサービスを提供しているか、どこまで任せられるかは異なりますので、依頼先を探す場合には確認しましょう。またより良い運用を継続していくには、代行会社に丸投げせず、課題を共有し学ぶ姿勢も大切です。

戦略の立案

LINE公式アカウントの運用は、業種や商材、目的によってヒットする施策が異なります。
運用における課題を共有し、ターゲット設定から適切なKGI/KPIの設計、施策のプランニングを行います。

投稿文章・クリエイティブの作成

友だちユーザーに送るメッセージの制作、画像・動画の制作、リッチメニューの設定などコンテンツの準備です。
特にメッセージや画像・動画といったクリエイティブは、ユーザーの反応に直結する部分。ブランディングにも影響するためプロの知見が頼りになります。

コンテンツの配信

配信内容がユーザーに響くかどうかは、配信のタイミングも重要なポイント。
運用データやターゲット層の行動パターンをもとに、最適なタイミングで配信してくれます。
またLINE公式アカウントでは、登録者数100人以上で属性による絞り込み配信が可能に。運用代行会社によっては配信先の設定にも対応しています。

外部ツールの連携

LINE公式アカウントは、たとえばメッセージ配信の自動化やセグメント配信、チャットボットによる顧客対応など、外部ツールを連携することでより高い効果を狙うことができます。代行会社に運用代行を依頼すると、そういった外部ツールの選定や提供、連携サポートが受けられます。

運用データの分析、改善提案

ナレッジを有するプロによるデータの分析、改善提案を受けられます。情報共有の過程では、LINEの最新情報や他社の成功事例といった内容も得られるでしょう。

LINE公式アカウントの運用代行にかかる費用は?

代行会社に支払う費用は、手頃なプランで月額数万円から。ただ作業内容が限定的だったりレポートが簡易的だったりするため、希望するサポートを受けられるかどうかは確認が必要です。
対応サービスは代行会社によって変わりますし、予算によってメッセージの投稿本数やクリエイティブ制作にかける工程数なども異なります。手厚いサービスをイメージしているなら、数十万円は準備したいところです。

ただ、ひとくちに「手厚いサービス」といっても、状況や目指す方向でどういった内容を希望するかは会社ごとに違います。希望にマッチする運用代行会社を探すには、候補先を挙げて希望条件と予算を伝え、交渉していくことに……。とはいっても「複数の候補からベストな外注先を探したい」と考える場合、何社も説明・交渉を重ねるのは大変ですよね。そこで私たちイルグルムが運営する、企業様と代行会社の「アドフープ」をご紹介します。

完全無料&超短期間で代行会社が見つかる「アドフープ」

LINE公式アカウント運用に強い代行会社が多数登録しています

アドフープは、「自社の要望を叶えてくれる代行会社に出会いたい」という企業様の願いに応えるべく誕生したマッチングサービスです。
代行会社を探す企業様のご利用は完全無料で、ご紹介は最短即日。
自ら探して回る手間は不要、代行会社側からエントリーが届く仕組みです。

条件を満たす代行会社からエントリーが届く

アドフープサービスの特徴は、独自システム内で行うコンペ形式での代行会社募集です。
ご依頼主となる企業様は、希望条件を提示し、あとは代行会社からの提案を待つだけでOK。
条件を満たす代行会社のみが提案を添えてエントリーするので、その中から貴社にぴったりの会社を選ぶことができます。
「希望条件を絞りきれない」「自社の課題が分からない」といった企業様も、アドフープスタッフがお手伝いしますのでご安心ください。

登録不要でご覧になれる「代理店一覧」も

アドフープのWebサイトでは、会員登録なしでどなたでもご覧いただける、加盟代理店の紹介ページを設けています。
タグ検索では条件ごとに代理店が絞り込め、取り扱い媒体や得意業種別で実績のある代理店を確認できます。
各代理店の紹介ページでは、企業規模や媒体表彰実績、成功事例などの情報も掲載。ピンときた代理店には、そのまま問い合わせも可能です。

[アドフープおすすめ]LINE公式アカウントの運用代行で特に強い実績を持つ代行会社

現在、アドフープには多くの代行会社が加盟しています。
今回はその中から、LINE公式アカウントの運用代行業務において特に強い実績を持つ代行会社「株式会社フルスピード」をご紹介します。

株式会社フルスピード

LINEを含む主要SNSアカウント・SNS広告の運用実績が1,000件以上。社内にSNSに特化した専門部署があり、メーカー、食品、ラグジュアリーブランド、ホテル、商業施設、大手放送局などさまざまな業界・ジャンルの企業へサポート実績を持つ広告代理店です。
特にLINE公式アカウントの運用代行では、「LINE Biz Partner Program」でLINE社から認められた認定パートナー起業のため、仕様変更などの重要な情報を素早く運用に活かすことができ、またLINE社専任担当者が常任していることから、トラブルなどのイレギュラーな事態にも迅速に対応が可能です。メッセージの企画・制作・セグメント設定はもちろん、KPI設計に投稿用の画像・動画の制作、広告配信など機能をフル活用したマーケティングを統括的に支援。顧客の業種や商材、目的に合わせた運用の提案・実行が期待できます。
主要SNSの中ではTwitter社、Meta社の認定代理店も取得しており、LINEの運用代行にとどまらず、Twitter、Instagram、YouTube、TikTokなど複数のSNSについて横断的な運用も任せられます。

「株式会社フルスピード」の詳細をみる

アドフープなら最適な代行会社がすぐに見つかる

アドフープの強みは、手間も費用もゼロで貴社に適したLINE運用代行会社が見つかることです。

  • ご利用は完全無料
  • 求める条件をご共有いただければ、代行会社の募集はお任せでOK
  • 基本的にコンペ形式での募集なので、より良い提案や条件が期待できます
  • 最短即日で最適な代行会社をご紹介

代行会社を見つけるまでの流れなど、ご興味があればぜひ詳細をご覧ください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適なパートナーを
ご紹介します

無料相談はこちら

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適なSNS運用代行会社をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適なSNS運用代行会社をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら