コンシェルジュに
相談する(無料)

Twitterの運用代行。代行会社(代理店)に依頼できること・料金相場を解説

この記事をシェアする

いまやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は人々の生活に欠かせないものとなりつつあり、SNSでの発信は企業にとって有効なマーケティングの一手となりました。
ただし時間・労力・ノウハウが必要なため、自社で運用するより代行会社(代理店)に頼る企業も少なくありません。
この記事では、代表的なSNSの一つであるTwitterの運用代行について、代行会社に依頼できる作業内容や料金の相場、依頼先の選び方などを解説します。

Twitterアカウントを運用するメリット

SNSとしてのTwitterの特徴

主要SNSの一つであるTwitterは、総務省の発表によると全世代における利用率が46%を超えており、特に10代・20代・30代の若年層が多くなっています。
大きな特徴は、「今、起きていること」を共有しやすいリアルタイム性と、爆発的な拡散力。また匿名性の高いSNSなので、趣味・関心で繋がったコミュニティが存在し、話題になっている情報を集めたり、開催中のイベントの感想を実況するといった使い方が人気です。

※参考:総務省情報通信政策研究所『令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>』

効果的な運用にはスキルが必要

Twitterのアカウント運用を行う企業では、情報発信を通じたブランド醸成はもちろん、ユーザーとのコミュニケーションを通じたファン顧客の育成を実現しており、施策としては拡散性の高さを生かした「フォロー&リツイートキャンペーン」を実施するところが多く見られます。

ただし、すでに参入している企業が多いことから、平凡な運用ではなかなか認知拡大に繋がらなかったり、また1件あたりの投稿(ツイート)が短文(全角140文字以内)であるがゆえに意図が正しく伝わらない、誤認された情報が拡散されてしまったりというリスクも。
アカウント運用には明確な方針と綿密な戦略、また炎上を防ぎながらブランドイメージを向上させるという高度なスキルが必要です。
これからTwitter運用を始めようとするなら、スキルに特化した代行会社に運用代行を任せるのがおすすめです。

Twitter運用代行にかかる料金の相場

まずはTwitter運用を代行会社に任せる場合の費用感について、ざっくり確認しておきましょう。細かな内容については次の章で解説します。
運用代行にかかる費用は、アカウントの規模や作業内容によって異なります。ツイートの作成・投稿といった基本的な作業のみであれば、数万円から依頼が可能。
料金の大まかな目安は下記の通りです。

~10万円

投稿内容(ツイート)の企画・制作、定期的な投稿 など

20~30万円

投稿内容(ツイート)の企画・制作、定期的な投稿、コメント(リプライ)への対応・監視、レポート作成 など
投稿に加えて、コメントの対応や監視など、より幅広い業務を代行

40万円~

投稿内容(ツイート)の企画・制作、定期的な投稿、コメント(リプライ)への対応・監視、レポート作成、Twitter広告の運用、キャンペーンの実施、インフルエンサーマーケティング など

ご覧のように、作業内容が多岐にわたるほど費用が高くなります。
では任せられる作業内容について、各項目を深堀りしてみましょう。

Twitter運用代行で依頼できる主な作業内容

ブランディング戦略

KGI/KPIの設計→施策の立案

Twitterアカウント運用は、業種や商材、目的によって活用方法が異なります。Twitter運用における課題を共有し、ターゲット設定から適切なKGI/KPIの設計、施策のプランニングを行います。

運用コンセプトの設定

自社におけるTwitterアカウントの役割や運用目的から、発信内容の方針、トーン&マナー、各種ガイドラインなどを設定します。

アカウントの運用

アカウント開設

戦略や目標値が決まり、体制が整えばアカウント運用のスタート。プロフィール入力やヘッダー画像などの設定を行います。

投稿内容の企画・制作・投稿

「ツイート」と呼ばれる投稿用の原稿を作成し、適切なタイミングで投稿する作業です。
ツイートにはテキスト・写真・動画が使用できるため、内容によってはクリエイティブ制作も準備(依頼)する必要があります。

コメント管理

ツイートにリアクションがあった場合の返信や、自社商材のハッシュタグが付いたツイートに対する「いいね」などの反応、フォローが必要なメッセージへの対応などが挙げられます。
どういった対応をするかはあらかじめ方針を決めておき、代行会社は方針に沿ってコメントの確認や返信を行うことになります。

レポート作成など

レポート作成

施策の実行状況やKPI実績など、Twitter運用の結果をまとめた定期的なレポートを作成する作業です。

データ分析、運用改善

レポートのデータ分析はPDCAを回すために不可欠。改善案や次策の立案に繋げていきます。

炎上対策

マニュアル整備、監視

SNSを利用する上で、誰しもに付きまとうのが炎上のリスク。Twitterでもアカウント運用で成功を収める企業がある一方、炎上からイメージダウンを招いている企業も数多くあります。特にTwitterはその拡散性から、いったん炎上が起こってしまうと大きなイメージダウンは避けられません。
代行会社は炎上の予防策やいざという時の対応方法を熟知しており、対応マニュアルの整備やコメントの監視を任せられます。

その他マーケティング支援

Twitterアカウントの代行業務以外に、Twitter広告の運用やキャンペーンの実施、インフルエンサーとのタイアップ企画などを任せることも可能。
ただしこういったマーケティング施策を含む契約は、月額40万円以上が相場となっています。

忙しいマーケター担当者が兼任するのはかなり困難

ここまでご紹介した作業内容について、もしかすると「代行を頼まなくても自社でできるかも……?」とお考えの方もいるかもしれません。しかしTwitterアカウントの運用は、投稿(ツイート)一つとっても明確なビジョンが必要で、実際はかなり繁雑な作業になります。

一例として、Twitter運用によるKGIを「ひと月の商品売上個数10%アップ」と設定し、現状の販売数が月100個だった場合を示してみます。

目標設定から投稿内容決定までの概要(一例)

[Twitter運用によるKGI設定]ひと月の商品売上個数10%アップ

[目標]アカウント投稿からのLP遷移で商品を10個/月販売

[現状]リスティング広告からLP流入で1000PVあたり10個売れる

[つまり]TwitterからLPへ、ひと月1000PVの誘導を目指す

[現状のTwitter実績or類似アカウントから予想]1投稿あたり10クリックされる

[予想]100投稿で1000PVが見込める

[施策決定]ひと月で100投稿を実現するため、1日3~4回の投稿が必要

[実務]投稿内容を企画、制作

テキストのみの投稿だとしてもこれだけのステップをこなさねばならず、ここに効果測定、リスクマネジメントなど諸々を考慮すると多大な労力とノウハウが必須です。
スキルを持つ専任者が社内にいる場合はいいのですが、マーケティング担当者が現状の業務に追加でTwitter施策も……と考えると、なかなか難しいものがあるのではないでしょうか。
代行会社への運用代行をおすすめするのは、こういった理由からです。

Twitter運用代行が得意な代行会社、どうやって探す?

完全無料&超短期間で代行会社が見つかる「アドフープ」

「代行会社に依頼したいが依頼先を探す時間がない、選び方が分からない」という企業担当者の方も多いのではないでしょうか。
Twitterの運用代行を得意とする代行会社、広告代理店は数多くありますが、候補先1社ずつに連絡を取り、自社の要望を伝えて交渉するのは手間も時間もかかりますし、そもそも宣伝に力を入れていない代行会社も多く存在します。

「自社の要望を叶えてくれる代行会社に出会いたい」
企業様のそんな願いに応えるべく誕生したのが、私たちイルグルムが運営する、企業様と代行会社のマッチングサービス「アドフープ」です。すでにさまざまな業界、規模の企業様にご利用いただいています。

条件を満たす代行会社からエントリーが届く

アドフープサービスの特徴は、独自システム内で行うコンペ形式での代行会社募集です。ご依頼主となる企業様は、希望条件を提示するだけでOK。あとは代行会社からの提案を待つだけです。
希望条件には、Twitter運用でどういった内容を依頼したいか、現状の課題や目標値、月額予算、さらに代行会社に求める実績・スキルの基準など、自由筆記を含めて細かく記載することが可能。
条件を満たし、かつやる気のある代行会社のみがエントリーするので、相性の良い代行会社が見つかります。

マーケティング特化型プラットフォーム「アドフープ」

[アドフープおすすめ]Twitter運用代行で特に強い実績を持つ代行会社

現在、アドフープには多くの代行会社が加盟しています。今回はその中から、Twitterの運用代行業務において特に強い実績を持つ代行会社「株式会社フルスピード」をご紹介します。

株式会社フルスピード

Twitterをはじめとする主要SNSアカウント・SNS広告の運用実績が1,000件以上。社内にSNSに特化した専門部署があり、メーカー、食品、ラグジュアリーブランド、ホテル、商業施設、大手放送局などさまざまな業界・ジャンルの企業へサポート実績を持つ広告代理店です。
Twitter運用代行では、投稿の企画・制作はもちろん、KPI設計に投稿用の画像・動画の制作、広告配信などTwitter上でのマーケティングを統括的に支援。ブランド認知向上から効果的なコンテンツ選定、キャンペーンの実施まで顧客の業種や商材、目的に合わせた運用の提案・実行が期待できます。
主要SNSの中ではTwitter社、Meta社、LINE社の認定代理店。Twitterのみの運用代行にとどまらず、Instagram、LINE、YouTube、TikTokなど複数のSNSについて横断的な運用も任せられます。

「株式会社フルスピード」の詳細をみる

アドフープなら最適な代行会社がすぐに見つかる

アドフープの強みは、手間も費用もゼロで貴社に適したTwitter運用代行会社が見つかることです。

  • ご利用は完全無料
  • 求める条件をご共有いただければ、代行会社の募集はお任せでOK
  • 基本的にコンペ形式での募集なので、より良い提案や条件が期待できます
  • 最短即日で最適な代行会社をご紹介

代行会社を見つけるまでの流れなど、ご興味があればぜひ詳細をご覧ください。

この記事をシェアする

他の記事をみる

ご利用は完全無料

アドフープが最適なパートナーを
ご紹介します

無料相談はこちら

03-3289-5051

受付時間平日10:00-18:00(土日祝除く)

貴社に最適なSNS運用代行会社をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら 貴社に最適なSNS運用代行会社をご紹介 完全無料 サービスの詳細はこちら